記念品ストアー

履歴 TOPへ

 

代理店が沢山あると決定できない案件について

よくある質問コーナーに、今回の件は投稿させていただきます。

質問というよりも、毎回・毎回、同じパターンで駄目になってしまうことです。

どのような点かと言うと、とっても単純なことです。

それは「決まらない点です」

決まらない点とは、決めないことに他なりません。

今回はこの件について、質問コーナーにてお伝えします。

 

 

 

Q:なぜ?決めないのか?

非常に疑問に思うことをして、どうして決めないのかです。

答えについては非常に簡単です。

決定する人が、いないからです。

決定する人がいないのは不思議なものですが、よくあるパターンなので、それほど不思議ではないのです。

「お客様に言われたから聞いた」

「上司に言われたから聞いた」

などです。

結果的に、設定ができない人が、決定しなければいけないために、結果として設定できません。

 

 

 

Q:本当の事が言えない事情とは?

こちらもよくあるパターンなのですが、できる・できないを、しっかりと相手に伝えれば、スケジュールは結構、うまく回る場合が多いです。

しかし、今回の場合も同じように、誰も判断ができないために、最終的に決めておりません。

どうしてか色々と、答えを探したのですが、結構簡単にわかりました。

その答えとは「担当者に能力がない」「担当者に経験がない」という点でした。

つまり、何が本当で、何が嘘の状態か分からない状態です。

ですから、最終的なお客様に、本当のことが言えないわけです。

 

 

Q:先延ばしして判断すること

最後となりますが、結果的にどのようになるかと言うと、単なる先延ばしと、単なる無責任状態です。

これには仕事をしている身からすると、非常にびっくりなことになります。

ただし、お客様の問題も少なからず関係をしており、本来であれば、先送りはできません。それが出来ると言うのであるから、問題なのでしょう。

一回一回の判断を、責任ある立場が、責任ある行動をする。

当たり前のことですが、それができないために、結果、 先延ばしするのでしょう。

2018年2月6日