記念品ストアー

履歴 TOPへ

携帯充電器と記念品のメイン関係9項目

スマホ時代の記念品の取扱い。どんな点をみればいいのか9項目にお伝えします。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その1

現在の携帯充電器の内容は激変しています。すれはスマートフォンの台頭です。

このスマートフォン(スマホ)は、あらゆる携帯電話の力関係を劇的に変えていき、携帯充電器市場を全く違うものへと変えていっています。
これは、今までのキャリアの意識も変えています。ドコモ・AUなどは、新興のソフトバンクを軽蔑していましたが、今やソフトバンクがメインでしているスマホに全注力を注がなければいけないことが、今更ながらわかり、あわてています。

これと同じ事が、携帯電話充電器市場でも同じ事が起こり、従来型のフィーチャーフォン向けの充電器では、全く使われないか、高齢者向けの商品になっているような感じさえします。このため、スマホに対応したグッズは目新しく、従来型の携帯充電器は、時代に残された方向けのグッズとなっています。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その2

スマホの台頭は、高性能携帯充電器のことで、まるでPCのような高額な商品を手元に置いて展開するようなものです。

スマホは単なるおもちゃの携帯電話ではなありません。
これは、とても優れた高性能なPCです。持ち運びが出来るので、従来型の携帯と勘違いしますが、全く違います。

これを表すのが意外にも、携帯充電器なのです。

どのような事かといいますと、従来型の携帯充電器では、手回しして充電が可能なおもちゃ系でしたが、スマホでは出来ません。それは電流が安定しないからです。
これほどの違いがありますので、従来の携帯充電器はおもちゃなのです。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その3

従来型の携帯充電器をフィーチャーフォンと言います。ドコモやAU、そしてソフトバンクの古い機種を指します。

代表的な例でいえば、ドコモのiモードとも言え、今ではとても古いタイプのモデルです。更に言えば、2ツ折の携帯電話も、この代表的なデザインであり、仕様になります。

逆にスマホでは、2ツ折の携帯電話はありません。
全てがタッチパネルであり、スライドタイプだから、画面は大きくないといけないのです。つまり、画面上にボタンがあるため、2ツ折の携帯電話のように、画面とボタンが分離しているわけではありません。

このように決定的に違うシステムデザインのため、すぐにわかります。

そして、これが携帯充電器の差にもつながり、付加価値やターゲットや売り方など、全ての面で違うタイプになります。

 

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その4

スマホ対応がメインと言いましたが、携帯充電器には、大震災以降、違う目的がメインになりました。それが災害グッズです。

災害時に、携帯の充電をしようとすると、電気があればどこでも手軽に充電できましたが、大震災でわかったのが、電気自体が無い場合は、途方にくれるしかない点です。
この点が携帯充電器の最大の効用目的になりました。

充電器があれば、いつでも好きな時に、好きなだけ会話が出来る。
こんな単純な事でも、災害時にはとても重要になり、生命さえも救う事になります。

このように携帯充電器は災害対策グッズとして位置が新しくできました。

また、最近ではスマホ対応の携帯充電器が、普及と比例して重要になるため、このスマホ対応品が重要になっています。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その5

先ほど述べた通り災害対策グッズとして人気なのですが、次にソーラー式の蓄電が再注目されています。

手動式のもありますが、メインは蓄電タイプになります。
スマホの場合、手動で直電ができません。それは電流が不安定になるため、スマホが壊れてしまう可能性があるからです。

これに比べて蓄電タイプは、放電するため、エネルギーが一定であり安定しているので、スマホにも充電可能になっています。

そして、その充電を電池でしていたらあっという間に高額な費用になるため、今ではソーラータイプ兼用の充電器が人気になっています。
ソーラーなら電池を使わず経済的であり、なおかつエコなので一番人気になっています。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その6

携帯充電器ですが、やはり若い人の方が、より切実であり、使う頻度も高いため人気です。特に学校関連では卒業記念品などです。

携帯充電器では、現在では従来型タイプと、スマホタイプの2種類がメインになり、ちょうど半分程度がスマホになっていると思います。

このため、従来型の携帯充電器だけでは、スマホユーザーに対応していなくてダメだし、従来型だけだと、今度はスマホに対応していません。

このように2つを充電器関係を共に出来るタイプがとても重要になぅています。

当店では、この2つ協同タイプがあり、これをメインにして展開しています。

やはり、学校関連だと学生さんが選ぶ中で、これほどもらって嬉しい商品はなかなかないので、とても喜ばれます。

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その7

携帯充電器ですが、法人をメインに、ただ商品を配るだけではなく、オリジナルの簡単な名前入れ作業が必ずあります。

オリジナルにする事で、簡単にオリジナルグッズになり、付加価値が出ます。
この行為自体は、予算が2倍になるため、低予算では意味がありませんが、ブランドイメージ向上などを考えれば、名入れ作業をするのが一般的です。

法人の場合は、ブランドイメージやブランド向上など、ファンになってもらうためや、ファンの方への感謝の証として、名入れグッズがメインになります。

当店の携帯充電器は、メインが名入れ可能なグッズがほとんどなので、こうしたオリジナルグッズ制作にはピッタリの環境になっています。

 

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その8

当然ですが、ブームは去った。何のブームかというと、従来型のフィーチャーホンのブームになります。逆に来たのがスマホです。

携帯充電器の中で、ドコモ・AU・ソフトバンクがメインですが、この中でどの携帯販売会社でもスマホメインであり、ソフトバンクなどはスマホしかやらないです。

このため、従来型の携帯グッズのブームは去り、全てが全く新しい市場へと変化しています。その中でスマホに変わったと早めに認識して対策するのがメインです。

携帯電話市場とは、スマホ市場といってもいいでしょう。
さらに言えば、スマホ携帯グッズといえばよく、この新しい携帯グッズは、全てスマホ関連と思えばよいと思います。

 

 

携帯充電器と記念品のメイン関係その9

つまり、スマホとはiphoneが中心に回る事であり、アップルのiphoneの流れをつかむ事が大切であり、その周辺の関連ビジネスになります。

携帯充電器だけでは、従来型の補充装置ですが、これからは高性能なスマホのアクセサリーではなく、携帯をより使いやすくするための、補助必須アイテムとして、捉えればよいと思います。

スマホで使うのは1日中であり、そのため、充電できない場所なら、あっという間に無くなり、通話ができません。こんな不具合をiphoneユーザーなら体験するので、意味がわかります。

このため、iphoneはこれからの携帯充電器市場で、とても目立つ存在になるでしょう。
また、これから男性よりも、女性ユーザーの方が、こういった道具をうまく使いきることだと思います。

2015年4月24日