記念品ストアー

履歴 TOPへ

夏向けの記念品について報告

夏向けの記念品について1
夏向けの記念品につきましては、熱中症対策グッズが代表的な例として、クールグッズや扇子など、多く記念品として扱われます。
記念品につきましては、申し込み単位でのご注文となりますので、ご注意下さい。
また、納品までの期間ですが、国内に在庫をしているのがほとんどなので、即納できる形となります。
記念品は全体として4月から展開をさせていただいてます6月くらいがピークなります。

 

夏向けの記念品について2
夏向けの記念品につきましては、既に秋に入っておりますので、ほとんど動きません。
一部例外として、数百から数千円の間で動く可能性はありますが、ほぼ在庫のみの対応となっております。
今年の夏は、熱中症対策の関係から、多く出荷すると思い、在庫を多く積みましたが、ほとんど出ませんでしたので、夏向けの記念品につきましては、今でも対応が可能となっております。

 

 夏向け記念品について3

暑さや温度によって売れ筋品が変化はしません。意外からもしれませんが、暑いのはある意味では当たり前なので、変化が無いのはこのためです。また、本格的に暑くなる8月では、すでにイベントの企画や実行は済んでいる状態が多く、動きがないのが現状です。

ですから、在庫などは早く販売して売れきれ、残っているのが「非売れ筋品」となっている傾向があります。やっぱりほしい商品は早くなくなるのが常になっています。

 

夏向け記念品について4

100円前後の商品がメインとなっています。単価が安い分だけ、大量に購入するのが流れになっていますね。あとは300円以上の熱中症対策品としては、オリジナル名入れ印刷がメインとなっています。

オリジナル企画制作品については、4月から本格的に動き、5月末や6月上旬が多くなっていると思います。毎年、暑さ対策品を展開しているので、同じ法人が同じ企画案で探して製作するのが、こうした現状での大きな流れになります。

2015年3月20日