記念品ストアー

履歴 TOPへ

どんな周年記念品を製作していいのか?どんなプレゼント品を渡しているのかきになって見てきた

よくある質問として、

「どんな周年記念品が喜ばれるのでしょうかね」

という問い合わせが多いです。

これは2通りあります

・社内用

・社外用

です。

当店の場合は、社内用が多く、組合からの依頼も多く、組合費から何百人体制が多いです。

社内用は実用性が高いものであり、すぐに「文具品」として使えるものがメインです。最近では災害対策品としてのアウトドアグッズ品などがよく売れていました

こうした傾向から、どんな周年記念品がいいのか?ツイッターなどで調べてみました。

 

基本は「○周年記念」という名入れ印刷がメインとなります

当たり前ですが、こうした流れが一般的ですね。ですから、画像がけっこう重要になりますね。


周年記念で多いのが、アーティストグッズも多い。

コレクターアイテムとしての価値がありますし、ファンならぜひ手に入れたいからです。

ですから、悪い言い方をすれば、どんな記念品を製作してもファンは喜びます

ただし、やっぱりセンスがないと、ガックリするから、ある程度はオシャレなアイテムがメインとなります。

ただし、予算が限られた中で、無償でプレゼントしますので、けっこう大変な部分があります。



周年記念品の定番は、とっても簡単。

流れとしては、机回りの商品を展開することです。デスク回りです。

ペン立てや時計などがメインとなりますね。

ただし、今ではPCがあるので、時計よりも小物入れがメインとなりますね。整理整頓できますからね。



定番のボールペン。

これは意外と外せないタイプです。安いものではなく、高級そうに見えるのがコツと言えます。

 

 

当店でも扱っている記念品

周年記念品でも、たんまりと予算があるわけではありませんから、当店のようなサイトが活用するのがいいでしょう。

当店は既製品の記念品に、ワンポイントの名入れ印刷をして展開します。ですから、もともと大量生産品が安く手に入るために、名入れ印刷代が100円アップしても、そこらへにあるギフト品と比較すれば、驚くほど安くなります。

これが周年記念品としての流れになりますので、ぜひ、見積もり依頼などを比較してください。



マグカップのフルカラーなどは、できるのですが、手間隙がかかりますので、あまり積極的には展開していません。

1個500円程度になりますので、その予算と、しっかりとした名入れ印刷データが必要になります。

 

絶対高級品。世界で1個レベルの記念品

せっかくの創業設立の周年記念。

しっかりと時間をかけて製作したいものですが、世界で1個のレベルと思うものは、単価で1万円以上は必ずします。

ですから、それを100個でも100万円になりますので、なかなか手を出すことはできないのが現状です。




当店においては、小ロットも展開していますが、それは100個以上を決めているので、10個・20個では製作しておりません。

やはり1万円の単価ですと、製作して10個程度がメイン。

ですから、これを記念品と呼ばず、贈答品やギフト品と言います。

ギフト品は楽天市場などが一番充実しているでしょう。

 

 

面白ユニーク周年記念グッズ

やっぱり企業ですから、ユニークで斬新なものがいいですよね。

それなら記念品でも、ユニークな商品がいいです。下の金太郎飴なんかは素晴らしいです。

食べて物なので、食べればなくなるので、即効性が高いし、1人1人に印象が高いレベルです。



オリジナル品は「企画力」がメインとなるため、素人では出来ません。

半年前からしっかりと準備できるところがメインとなりますね。

2017年6月3日