記念品ストアー

履歴 TOPへ

オリジナルタッチペンは見やすく・分かりやすく

banner2

 

記念品なので相手の見易さをメインに


 記念品の製作において、とっても大切な点は「自己満足」ではだめな点です。

どうしても「これを印刷しなければいけない」となりますが、実際に出来上がったオリジナルタッチペンをみると、非常に不細工な感じがあります。もらう側は、思っている以上に「どうでもいい」のであります

普段、展示会などで頂く商品で、無料でもらうボールペンに全くこだわりが無いのと同じです。

ですから、デザインはあくまでもシンプルできましょう

 

では、実際にどんなデザインがいいのかは、他社のもを見ると、非常に参考になります。そこで、今回は製作した名入れ印刷サンプルを公開してみます。1度1回でも見ると、「なるほど」となります。ぜひ、みて予習してください。

DSCN1976 DSCN1978

DSCN5252 DSCN5254

DSCN5366 DSCN5369

DSCN9802 DSCN9804

 

こんな感じで、限られたスペースですので、どうしても「シンプル」になるのがわかります。

頭が少し暗い人などは、「電話番号を入れて・アドレス入れて・会社名入れて・・・」となります。入れるのはいいけど、全くわからないですよね。どうしても最初は、こうした傾向がありますが、実物の写真などをみて、それが無理であると理解すれば、いいだけなんですよね。

2016年8月2日