記念品ストアー

履歴 TOPへ

イメージを大きく左右する名入れ印刷での注意点

水筒やタンブラーでの販売で、最近はオリジナルの名入れ印刷が多くなっております。当たり前ですが、商品だけを購入するのであれば、今では店頭においても、インターネットにおいても、どこでも購入できるわけです

そこで、今回は、「やっぱり頼むのなら専門家だよね」という点も含めてお伝えします。

 

イメージが最重視されるデザインについて

名入れ印刷をするのに、もっとも注意すべき点はどのような点でしょうか。その答えは簡単です。

もっともイメージを向上させることです

なぜならば、すでに商品はありますので、商品自体の差別化はできません。このため、結果としては、名入れ印刷のデザインで左右されるわけであり、良ければ評価が高くなります。しかし、悪ければ商品自体の良さしか伝わりません。

 

価値の法則

・名入れ成功例 商品+デザイン=価値向上

・名入れ失敗例 商品=価値同じ


このように、とっても単純ですが、商品の価値にプラス、名入れ印刷のデザインが加わることで、商品の付加価値が上がります。

ですから、イメージ重視のデザインで対応するのが良いわけです。

 

 

プロに任せて安心を作ることが最優先

では、どうすればいいのでしょうか?

これについては、無償&有料でもいいので、ある程度は「お任せ」することが必要になります。

自分のこだわりがあるのは理解できますが、そこまでのこだわりがない場合については、プロ(当店)へお任せするのが最善だと思います。今までに紆余曲折しながら、多数のオリジナルタンブラーや、オリジナル水筒を製作しているわけであり、その「コツ」については、多くの知見があります。

結果として、不満足にならないようにするのが仕事なので、その点は任せてもいいでしょう。

2017年6月12日