記念品ストアー

履歴 TOPへ

タッチボールペンについて

タッチボールペン(タッチペン・スタイラスペン)は一時の流行です。今ではあまり人気がありません。
しかし、人気が無くなってからでも、めまぐるしい進化を遂げているので「タッチペン」ではなく「多機能ボールペン」として注目を集めているので色々な多機能ボールペンを紹介します。

 



↑ ツボ押しって!? ↑↑


 

■ 多色インクボールペン&タッチペン

タッチペンと4軸3色ボールペン

昔からあるインクの色が3~4色あるボールペンです。
それだけでは普通なのですが、しっかりと後ろの部分にタッチペンで使用されている伝導素子がついているので今までの多色インクのボールペンよりも付加価値が高まっています。

 

 

■ ライト付ボールペン

名入れ印刷対応のLEDライト&ボールペン
タッチペン部分にあたるところにLEDライトが付きました。
ライトを外して使うタイプもあればそのままくっついたままの物もあります。
しかし普通のボールペンよりもワンランク上のイメージを感じるので人気があります。タッチペン要素が入る隙すらありません。

 

 

■ アウトドア特化ボールペン

意外と活躍。アウトドア文具ペンダント

首からかけるネックストラップタイプはイベント会場などでも便利です。
更にライト付は夜間やアウトドアシーンでも使うことができます。
その他にもホイッスル付きのペンなどもあります。どちらも防災グッズとしての文具でも重宝されています。

 

 

■ 工具系スパイみたいなボールペン

色指定可能なマルチツールペン

+と-のドライバー内蔵のボールペンがよくあります。
実際アウトドア用品や防災グッズの一部としても使われるほかに新生活で一人暮らしの「持っていそうで持っていないドライバー」を備えているので卒業記念でも十分活用されています。
いまや電池の交換でさえドライバーが必要な時があるので、一瞬「変なペン」と思ってしまいますが実は重宝されている便利ペンです。

 

 

2017年6月21日