記念品ストアー

履歴 TOPへ

祈祷などの手作り御守りについて

当店は珍しい御守り販売店ですが、神社のような「専門の人」であれば、全く問題ないのですが、御守りを販売している以上、色々と質問があります。今回は手作りお守りに関する内容にてお伝えします。

 

お守りは神社で売られてるもの。サンプルは必要なし

非常にある質問なんですが、「このお守りは本物なんですか?」という質問です。

これに対する答えとしては「偽者のお守りは沢山ありますが、逆に当店のは本物しかありませんので」という流れになります。

つまり、神社で使っているお守りを販売しているため、偽者のお守りではないわけです。

 

質問の意図は非常にわかりますが、この証明は簡単で、お守りをみれば、「あ!神社で販売していたあのお守りそのもの」となりますので、その点で確認できるわけです。

さきほども、「このお守りのサンプルが必要ですかね」というのがありましたが、近場の神社でいけば、見れるものなので必要がないと伝えました

 

 

祈祷は心があれば誰でも可能

お守りが神社で使っているものと同じであれば、次は「祈祷」について質問があります。

祈祷については、基本は神主さんがするものですが、祈祷は神主以外でも誰でもできるものです

これは「心」を伝えるものなので、心があれば誰でもできます。

 

よくゲームなので「神主さんの攻撃力」とかでモンスターを倒しますが、神主さんが「100」だとすれば、一般の人の攻撃力は「1」という程度で、ゼロではないのです。

ですから、祈祷として「心の宿」が必要な場合は、神主さんが必要ですが、一般の人の「心」でも問題ないと判断すれば、それは祈祷済みのお守りとなります。

 

 

手作りお守りでも本格的になってしまうので注意

もともと個人様は対応していませんので、企業様がメインです。

ですから、手作りと言っても、あくまでも「本物の方」のみ販売しております。結果として、いたずら目的はありませんので安心していますが、手作り感覚になるのは仕方がありません。もともとお守りを作るというのは「例外」ですから仕方がありません。

 

ともかく、記念品ストアーとしては、しっかりとサポートしますので、安心して手作りお守りを依頼をしてください。

2017年8月16日