記念品ストアー

履歴 TOPへ

水筒・ボトルの名入れ印刷の実例と見せ方

今回は、タンブラーではなく、メインは水筒の名入れ印刷についてご説明します。

水筒は「マイボトル」という名前で、タンブラーよりも長期間使うのがメインであるため、マイボトルという感じで「しっかりと使う」というイメージがあります。

ですから、2つの流れがあります。

(1)シンプルにワンポイント

(2)オリジナル度を増すため、マニアグッズ・キャラクターグッズ化

となります。

どちらも、ターゲットによって違いますので、印刷事例を見ることで、非常に納得感がでてくると思います。

そこで、今回はこの点をお伝えします。

 


どうでしょうか。

タンブラーと違う「円形」である水筒は、独自の印刷であります。また、印刷範囲も非常に広いのが特徴です。

ですから、オリジナル度を出そうと思えば、意外にも非常に簡単にできます。しかし、先にも伝えた通り、長期間使う水筒は、魔法瓶とも言われ、保温・保冷機能があり、長期間年中使います

ですから、使えようなデザインにはできません

シンプルなデザインで、カッコ良くするのが流れなんです。

2017年11月20日