記念品ストアー

履歴 TOPへ

先週(6/4~6/10)は102件の見積もり依頼がありました

 

ファンシーグッズ関連としての防災用品


そろそろ防災グッズについて、新しい流れについてお伝えします。

 

東日本大震災のような形の震災の影響で、多くの家庭や企業には、しっかりとした防災用品がすでに用意されております。このため、とっても良い傾向になっており、 新規に防災グッズを購入しようという考え方は非常になくなっております。

結果として、防災グッズを防災用品として販売するのは、すでに限界があり、購入される多くが、防災用品として購入するのではなく、例えばイベントなので、防災訓練の参加賞として使うのが一般的になっています。

さらに、安全対策品としての価値も高いので、防犯グッズ・防犯用品としての価値が高まっています。結果として、災害を回避するための商品でもなく、安全を確保するための商品を、防災グッズ品として展開してるのが今の現状と言えるでしょう。

 

こうした中、2018年の新商品としては、今までのように、防災用品だらけではなく、どちらかといえば、ファンシーグッズのような感じの防災用品が非常に多くなっております。ある意味では、堅苦しいタイプの防災品ではなく、もっと実用的で、可愛らしくお子様でも使えるような、または女性でも使えるようなタイプが、デザインされているものが多くなっております。

こうした流れの中で、防災品を販売するためには、しっかりとした防災用品を販売して、その中で、ちょっと可愛らしいファンシーグッズタイプの防災品を販売するのが一番良い流れだと思います。

2018年は、このような流れをメインとした形で販売していきたいと思います。

2018年2月17日