記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. オリジナルは出来ないクーラーバッグ類2018
  1. 記念品ストアー
  2. クーラーバッグ人気品
  3. オリジナルは出来ないクーラーバッグ類2018

 

オリジナルは出来ないクーラーバッグ類2018


2018年のクーラーバッグは、ほぼ出揃いました。

秋の行楽シーズンに向けて対応する程度のもであり、暑い夏のシーズンに使うクーラーバッグ・クーラーボックス類は、ほほ当店ではありません。

今回の傾向についてお伝えします。

 

更にデザイン重視になりました

クーラーバッグの機能などを比較して、思いっきり違うというのは無いです

全て中国工場で生産され、対応しいるので、品質については、日本販売用の中では、同列とみていいでしょう。

こうした事から言えるのは、機能や品質での差が出来ないクーラーバッグなどは、残された部分としてはデザインになるわけです

結果として、同じ容量であっても、デザイン違いで、より品質が高められる感じがあります。

この点を伸び白として展開しているのでしょう。

 

 

無地の印刷タイプはあるけど限定

オリジナルが出来るクーラーバッグが非常に少ないのは、デザイン重視になっている所がありますが、その中でも、やっぱり無地のクーラーバッグも、2018年夏から、ちらほら新商品として、追加されております。

こうした商品はほぼ100%企業ロゴを追加して、オリジナル夏グッズとして展開するものです。

こうした商品を上手く使いこなすのが、クーラーバッグの提案力となると思います。

 

 

オリジナルの印刷は、けっこうノウハウが必要であり、手軽に出来るわけでもありません。ですから、それなりに「覚悟」も必要ですし、本体だけを購入するよりも、多くの面で面倒なわけです。

こうした条件をクリアできる部分があれば、オリジナルのクーラーバッグが出来上がると思います。

2018年4月6日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間