記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 時計が卒業記念品として売れなかったわけ
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 時計が卒業記念品として売れなかったわけ

 

時計が卒業記念品として売れなかったわけ


学校の卒業記念品シーズンは終わり、ほぼ入学シーズンに突入していおります。

こうした中、時を刻むという点で、定番であるはずの「時計」がうれませんでした。なぜでしょう。

今回は定番品の中の定番である時計について、お伝えします。

 

 

スマホの登場で時間を見るのは時計は必要ない時代へ

自分も同じですが、時計はめざまし時計程度で、普段は腕時計すらしておりません。なぜなら、スマホで時間を管理し、スマホで時間の調節をして、都度ごとに時間を見る習慣があるからです。

当然、普通の時計も沢山ありますが、あえて時計が無くて困っていても、スマホを見れば解決します

この便利な道具の登場で、時計の価値は非常が下がりました。

 

 

時計が無くなり「写真立て」や「ペン」が復活

2018年の卒業記念品を見ていると、時計にセット化されたフォトフレームやペン立てが多かったのですが、さきほどの流れで、時計の価値は下がりました。このため、セット化するのはなく、単独で、フォトフレームやペンが依頼が多かったと思われます。

時計自体はやめて、写真立てやペンに重心をうつすのは凄いことです、それほど時計の注目が無かったように思います。

2018年4月6日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間