記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. レベルの高い完璧な印刷を求めていない点。では「何を」求めているのか?
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナルタンブラー・名入れタンブラー
  3. レベルの高い完璧な印刷を求めていない点。では「何を」求めているのか?

 

レベルの高い完璧な印刷を求めていない点。では「何を」求めているのか?


記念品コーナーのタンブラーや水筒のオリジナルグッズ製作。

このコーナーを担当していると、2つのパターンに分かれるのがあります。それが印刷のクオリティです。

(1)この印刷レベルが可能かどうか?

(2)自分が思っているイメージ通りに製作できるかどうか?

です。

最初はこの点については、きめ細かに対応していたのですが、実際に完成して納品してみると、このイメージとはかけ離れている点があり、今回は、この点についてはお伝えします。

 

 

オリジナル製作は「安心」を求めて依頼を受けている点

まず、結論からいえば、クオリティについて求めるのは当然なのですが、それをクリアするための技術ではなく、ともかく「安心ができる」ことが一番大切だと思いました。

当然、クオリティが重視されるのは当然なのですが、その点をクリアしても、お客様は安心がありません。お客様が求めているのは、プロとの信頼関係であり、相談されてしっかりと答えられるかどうかです。それというのも、印刷レベルは、ある程度は今の時代、最低クオリティは担保されており、それほどの技術の差がありません。結果として、今必要なのは、プロの視点を運用なのです

 

印刷をすることで、

(1)売り上げ増につながるかどうか

(2)お客様が喜ぶかどうか

(3)社内で、オリジナルグッズが評価が高いかどうか

などです。この3つの点を、しっかりと製作段階で分析して、お伝えできるかどうかです。例えば、コストが少し高くても、評判がそれ以上であれば「成功」するのですが、結果として、こうした比較ができないと、お客様は不安になります。

ですから、不安にならないように、しっかりとオリジナル製作での「3つの得」を、しっかりと分析して伝えることが必要なのです。この点をしっかりと伝え・分析して対応することが、お客様の安心につながるからです。

2018年5月8日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間