記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→7/18(金)発送

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. クーラーバッグ・保冷バッグは機能で売らないといけない件
  1. 記念品ストアー
  2. クーラーバッグ人気品
  3. クーラーバッグ・保冷バッグは機能で売らないといけない件

 

クーラーバッグ・保冷バッグは機能で売らないといけない件


夏シーズン到来を前に、各メーカーがクーラーバッグ・保冷バッグを全面に販売推進をしております。

当店としては、あまり売れる気配がないクーラーバッグなんですが、どうして、そんなにも売れるのか不思議であります。そこで、メーカー側に聞いてみたのですが、その売れる理由が「機能性」という点でした。

非常にびっくりであり、なぜ?今更機能性なのか判断ができませんでした。

今回はこの件についてお伝えします。

 

 

蒸着フィルムはどこでもあるため品質の差が出ない点

ブランド品のクーラーバッグや保冷バッグ、そして、クーラーボックスなど、多種多様ありますが、クーラーバッグでいえば、蒸着フィルム対応が一般的であり、その他は、あまり差がありません。

結果として、機能の差など、500円以下の販促品クーラーバッグではありえないのです。ですから、メーカー側から「機能の差」という回答をもらった時の衝撃は高いレベルでした。

では、どうして、機能の差など伝えたのでしょうか?

 

 

保冷バッグという位置と中身。他のバッグとの比較

この流れで、一番間違っていたのが、同じクーラーバッグ同士との比較でした。実はそこではなく、カテゴリーとしては、トートバッグやランチバッグやエコバッグなどの、その他のバッグとの差を、機能の差としえ見るかどうかなのです

これは目から鱗でした。

確かに、そう考えると、クーラーバッグや保冷バッグなどは、他のバッグと比較すると、断然、有利な感じがありますし、意味も高い位置になります。夏のシーズンには、必要不可欠になるわけです。

こうした点をPRしながら、クーラーバッグを販売していくのが本来の流れだと思いました。

2018年5月8日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間