記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. PSEマークの追加で、モバイルバッテリーが値上げになります
  1. 記念品ストアー
  2. スマホグッズ モバイルバッテリー名入れ
  3. PSEマークの追加で、モバイルバッテリーが値上げになります

 

PSEマークの追加で、モバイルバッテリーが値上げになります


卒業記念品などでは「大人気」となっているスマホモバイルバッテリー。

このモバイルバッテリーですが、2019年あたりから、大きく「値上げ」になる可能性が高まっております。その理由がPSEマークの許認可対応となります。

今回はこの件について、お伝えします。

 

 

PSEマークとは

電気製品に対応した電気用品安全方にもとずいたマークであります。

国内向けの安全基準であり、多くの家電品が対応しておりますが、現在、モバイルバッテリーについては、対象外となっておりましたが、バッテリーの発火事故や事件があり、規制強化となりました。

もちろん、これは表の顔であり、裏の顔としては、安い中国製を中心とした商品の締め出しがメインとなる形です。もちろん、すべてが悪い部分ではありませんが、規制としての流れでありますので、ほぼ日本企業は守る形です。

 

 

海外工場で対応できるけど、700万円程度の許可が必要

安全規制なので、対応すればいいのですが、工場でも一流企業でもないので、2流・3流がメインとなります。

このような状態ですから、投資できる金額ありません。

PSEマークを取得するだけで、700万円程度のコストがかかります。結果的に、このコストを出す事ができない工場が、ほとんどでありますので、結果として、国内産業の保護や、低価格のスマホバッテリーの排除をメインとした流れになっていると見えます。

 

 

安全と信頼。それは価格に上乗せになる

ちょっとした流れとしては、国内ライター屋を守るため、安全基準を強化した結果、海外の工場からの安いライターがゼロになったのが、最近の大きな流れであります。

これと同じ事がほぼ、モバイルバッテリーにあてはまり、2018年製造分はいいのですが、2019年からの生産については、ほぼPSEマークがないものは、規制対象品となりますので、ほぼ販促品としてのスマホバッテリーはゼロになると思います。

店頭価格と、ほぼ同じ内容程度のものが、購入できるという流れになるでしょう。

2018年5月9日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間