記念品ストアー    名入れデザイン

カートを見る その他

2023/12/04 クリスマス雑貨3点追加しました。 【最短納期】入金確認後、平日2日後に発送 【名入れあり】→約2週間後発送

年末年始休暇:2023/12/28(木)~2024/1/9(月) 順次対応いたしますが1/11になっても連絡が行かない場合はお問合せください

特集: 年末年始  クリスマス  高齢者向け  冬グッズ  福袋  卒業記念品  防災グッズ  タオルギフト  予算消化

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 陶器の不良品認定について記念品ストアーの考え
  1. 記念品ストアー
  2. マグカップ オリジナル名入れ
  3. 陶器の不良品認定について記念品ストアーの考え

 

陶器の不良品認定について記念品ストアーの考え


さきほど、お客様から不良品認定のメールが来て対応しました。

 

当店はメーカーではないので、どちらに転んでも「損」はしません。

ですから、安直にお客様の事を全て聞いて、その責任を全てメーカーの責任にも出来ます。

ですが、それは販売店としては、してはいけない行為だと認識しております。

 

まずは内容を見てみましょう。

 

 

商品はこちらです。

 

そして、クレームの内容がこちらです。傷や汚れなどの交換です。

 

いかがでしょうか。

何がクレームかわかりますか?

 

 

陶器の場合は焼きつけ・窯入れで凹みや汚れがあるのは不良品ではない件

まず、陶器なので良くあるパターンですが、やはり、一部に汚れや凹みがあります。

これですが、窯入れなどの焼きつけ作業で、焼き作業の工程では、少なからず出てきます。

これを見つけて「不良品」とするのは、ある意味では横暴であります

 

もちろん、好き・嫌い、認める・認めないというのもありますが、1個数万円の美術品ならわかりますが、1個100円程度の商品について、この程度のクレームをつける理由が見当たりません

まして、メーカーも当店も、これを不良品とは見ておらず、この程度はバンバン販売しております。

別に返品頂いても、他店にこれを販売しているので、この良品を他のお客様に配布するだけです。

 

 

 

 

不良品認定とは、本体の機能が著しく低下した場合のみ

では、不良品とは何か?

これは簡単で、陶器の場合に非常に多いのが「割れた」という事例です。配送中に割れてしまうのが陶器の宿命です。ですから、こうした場合には良品交換が当然の流れです。先でいえば湯飲みとして使えないからです。

 

ですから、不良品の認定は、商品の機能が著しく低下した場合のみ となります。

 

先の湯飲みでは、お湯を注いでも漏れるわけでもなく、何の問題もありません。

 

 

 

 

価格相応で対応するお客様目線とメーカーの努力

先の湯飲みは1個100円です。

非常に安く提供しているわけであり、高額な贈答品ではありません。もちろん、ギフト品としてお客様に渡すのですが、だからと言って、何でもかんでも対応するのは筋違いであります。

メーカーの1円でも安くしているのであれば、結果として、「お買い得」になりますからね。

 

ですから、クレームの内容は、価格相応で対応するためであり、メーカーの努力も認めるべきであります。

 

ですから、当店はお客様の意見と、メーカーの努力を天秤にかけながら対応します。

 

 

 

 

判断は過去に販売しているクレームや返品率

こうした判断の最終的な決定は、過去にどれだけのクレームがきているかどうかであり、過去にどれだけの販売実績があるかです。

普段としては不良品率は「0.5%」です。1000個販売して5個の計算です。

それが100個販売して10個の不良品があると判断したお客様は、明らかに「変」であります。

 

こうした率で判断しております。

お客様の勝手な感性の都合で、不良品認定をしても困るわけです

 

当店としては「公平性」を上がるため、ハッキリと伝えます。

「あなたの感性で勝手に不良品として認定されても困ります」

という内容です。

 

もちろん、本当の不良品は認めますが、好き・嫌い程度の判断では、全く相手にしないこととなります。

2019年2月3日