記念品ストアー

TOPへ

  • 商品のみ最短納期
  • 名入れ最短納期
  • 感染症対策について

 

◆名入れの最短納期は4/11(日)注文で5/11(日)発送です◆

(名入れをしない場合は入金確認後、平日2日後に発送します)

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 東京オリンピックの公式ブースを見てきました。その進化が半端ない
  1. 記念品ストアー
  2. 市松模様日本選手応援グッズ販売
  3. 東京オリンピックの公式ブースを見てきました。その進化が半端ない

 

東京オリンピックの公式ブースを見てきました。その進化が半端ない


 

昨日から開催されているギフトショー。

東京ビックサイトで全館で対応しております。

 

その中で、公式の東京オリンピックグッズをギフトとして販売する統合ブースがありました。

オリジナルグッズを製作する立場としては、このブースをみれば、何のグッズが必要かひと目でわかります

その意味では本当にありがたいブースです。

 

 

 

デザインのセンスが数倍良くなっている件

1年前から見ているのですが、どうしても単に無理やり対応している感じがありましたが、今回、ブースを拝見してわかった事ですが、本当に素晴らしいデザインオリンピックグッズが多数ありました。

「これなら買いたい」

というのが沢山あり、ブース内の人に質問したら、

「新しいデザインが許可されて、新しいデザインで対応しているのですよ」

というのでありました。

 

結果として、ちょっとした市松模様のデザインなどは、少しデザインのパターンを変える事で、本当によくなっているのがわかります。

どのグッズにしろ、バリエーションが豊かで、なおかつ、デザインが良ければ、凄くほしいアイテムになるのがわかりました。

 

 

 

キャラクターもパターンバリエーションが多い件

キャラクターグッズとしても、アイドルグッズやアニメグッズのような熱狂さがないわけですが、「ほしいアイテム」としての「可愛らしさ」があり、それなりにハイレベルな内容となっております。この点は非常に見事と言えます。

 

やっぱり、1年かけて対応したデザインは、1年後に更に進化しているのがわかり、オリジナルグッズ製作をする立場からすると勉強になります

 

もともと、オリンピック公式グッズは、馬鹿高いわけであり、仕入れが1個1000円なら3倍の3000円で販売するクレイジーな価格です。

ですから、よっぽどの付加価値がないと販売しても売れないと思いますから、この傾向は良いと思いました。

 

2019年2月13日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間