記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→10/16(木)発送

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 災害対策品ではなく、常日頃からの安全対策品販売へ
  1. 記念品ストアー
  2. SDGs配布用の防災グッズ(防災訓練参加賞・自治体配布など)
  3. 災害対策品ではなく、常日頃からの安全対策品販売へ

 

災害対策品ではなく、常日頃からの安全対策品販売へ


 

防災用品というと、どうしても災害時の緊急避難的な要素が強くなります。また、もともと、そうした内容になるわけです。

ですから、どうしてもこの傾向で販売を推し進める事がメインとなります。

ですが、実際に販売して、少し違う気がしますので、今回はこの件についてお伝えします。

 

 

実用性が高い防災グッズ品は、お手頃価格とお得感がある

最近、お客様の動向を見ていると、

「やっぱり」

という思う事があります。それは単純に、

 

良い防災用品は売れる

 

という事であります。

商品自体の魅力が高く、非常に経済的な一部の防災用品は、普段の生活でも十分使える「優れもの」であるが故に、全体として

「買ってお得感がある」

という流れになり、おすすめ品としての価値が高いです。

 

ですから、購入した方で

  • すぐに使ってもらえる
  • 体験したら、良かったので好感が高い
  • 実用的であり、経済的である
  • 万が一の時に役に立ち、付加価値が高い

など、商品だけの魅力、十分にプラスになっていることが多いと思います。

 

 

 

名入れしなくても売れている防災用品

こうした流れから、もうひとつあるのが、オリジナルの手軽な1色印刷をしなくても、十分に名入れ印刷しないても、商品自体の魅力で、防災用品が売れている形になっている点であります。

こうした点などは、他のピンポイントの商材からすれば、うらやましい限りであります。

商品自体の魅力で売れるわけですからね

 

ですから、商品の機能や品質がよければ、わざわざ、名入れのオリジナル作業は余分であり、そのままお得感で購入してもらうことが、何もよりも重要であります。

 

こうした視点での売り方を、災害自体が少ない時期には、しっかりと顧客目線・お客様目線で、対応していきたいと考えております。

2019年2月18日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間