記念品ストアー

履歴 TOPへ

面倒な男性上司の記念品選びのコツ

退職に関して、いつも悩むのが女性社員です。

「あの!憎たらしい!面倒な男性上司の記念品選び!どしたらいいの!」

となるのが、ほぼ若い女性の大きな悩みです。

笑い事ではなく、意外ともらう方よりも、差し上げるプレゼントする側のほうが大きな悩みなんです。これは古今東西の流れでありますので、どのようなアドバイスがいいのかお伝えします。

 

qa1

 

机に置いているモノを見てみる

 


 

退職するわけですから、多くが会社を去るわけであります。つまり、もう仕事をしないと勘違いしますが、男性の場合、多くはそうは思わなく、まだまだ現役だと勘違いしていますし、そう自分があってほしいと思っています

こうした心の中を見て、ある程度、贈った時に喜ばれる一品を探すのに最適なのが、いまある机回りで、普段使っているものです。

・コップ

・マグカップ

・ホッチキス

・定規

など、お気に入り品が何点かあるはずです。この中で、少し「高機能」「高級品」を選ぶと、本人は、その文具品や日用品の価値を普段から使っているので、その良さを実感しています。このため、こうした商品をうまく活用すると、

・商品選びに時間を費やさない

・その分、担当者の悩みはすぐに解消できる

・はずれ無しの記念品選びができる

・本人ももらってうれしい

となります。

会社にあるものは、会社用なので、持ち帰ることができませんので、退職祝いに、「マイカップ」「マイコップ」「マイホッチキス」「マイ定規」など、自分専用の会社でよく使っていたものを差し上げるといいでしょう。

2016年11月14日