記念品ストアー

履歴 TOPへ

最近公開されている卒業記念品を見てみた

卒業記念品を公開しているのは、当然の如く、生徒でありますが、小学生では、まだまだお子様なので、基本として中学生3年生と高校生3年生となります。

結果的に今の8月の時期は卒業シーズンではないので、「こんなのもらいました」という感じで、思い出の商品を掲載している感じになります。今回はこうした流れから、どんな商品がいいのか?という視点で調べて見ます。


基本としてみるのは、中身よりも「名入れ印刷の内容」となります。

ロゴマークと37thのタイプになりますね。悪くはないし、シンプルでいいけど、名入れスペースの問題からすれば、もう一工夫あってもいいかもしれません。


どのような商品かわかりませんが、見た感じからすれば、レーザー彫刻によるタイプの名入れ印刷です。これは高級感がある形なのですが、入っている内容が「日本語の羅列」となっているため、非常にダサいです

本来なら、もう少しデザインをして、文字であろうがイラストであろうがいいわけですよね

こうした一工夫が必要です。


USBメモリーは、良い商品だと思いますが、当店では扱っていません。

理由としては、単価が高いので、そのような商品があるなら、同価格で別のもっと魅力がある商品を提案できるからです。

卒業記念品として、USBメモリーはビジネスマンなら、けっこう使うシーンがありますが、学生などはあるのでしょうか?


こちらの卒業記念品はぶんちん。

これはけっこう高いタイプであり世界で1個のタイプです

しかし、感想をみると「いらない」となっており、この温度差が非常にあります。

生活シーンで、文鎮を使うシーンなど普段からありませんので、よくわかります


最後になりますが、こちらの印鑑。

大人でもあまり使いませんが、まだまだ人気のアイテムなので驚いています。生徒さんでも、印鑑をもらって嬉しいと思うのですね。

 

2017年8月9日