記念品ストアー

履歴 TOPへ

余計な景品は伝えない。時計やボールペンなど定番で

どうしても記念品ストアーとしては、メインが企業の販促品なので、どうしても「癖」があります。

・新商品を提案しないといけない

・マンネリ化した商品は失礼

・付加価値が高い商品をおすすめする

などです。

この流れ自体は、全く問題ないのですが、こと卒業記念品については、ちょっとズレていしる感じなんです。

企業間の競争なら「勝ち」「負け」が存在し、その上で戦うのが普通です。

しかし、勝ち負けで選ぶわけがない卒業記念品は、もうちょっと落ち着いた感じでいいわけです。

 

 

定番品の安心感がある時計やボールペンをもっとわかりやすく


このような状態ですから、もっとやすべきことがあります。

それがもっと定番品の商品をわかりやすく提案し、定番品であっても買いやすくしようと思う点です

当たり前ですが、一番ほしい記念品の提案が疎かにになっているのであれば、本末転倒ですよね。

ですから、しっかり時計やボールペンなどの商品を、もっとわかりやすく・使いやすく・見やすく・知りたい情報を、しっかりと伝えることことが必要だと思いました。

 

とっても簡単な事でしたが、こうした基本がしっかりとしていなければいけないのが本来の流れです。

しっかりと卒業記念品提案ができるようにしたいです。

2017年8月31日