記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→10/25(土)発送

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 学校向けの記念品。時計の名入れ印刷事例について
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 学校向けの記念品。時計の名入れ印刷事例について

 

学校向けの記念品。時計の名入れ印刷事例について


多くの記念品を扱い、名入れ印刷も対応しておりますが、学校向けでは、時計の名入れ印刷がメインとなります。

今回は、卒業記念品をメインとした、時計の名入れ印刷の事例についてお伝えします。

 

時計は手軽に出来るオリジナル記念品です。特に学校関連では定番の商品となっており、前例で使っていた関係から、再度の依頼が多いのが現状です。最近では、モバイルバッテリーが人気ですが、それでも時計がなくなる事はありません。

また、時計はメインとして、時を刻むという形から、メモリアル的な商品としての価値があります。

 

今回は、学校メインの印刷を事例としてお伝えします。

 

時計は1種類ですが、名入れ印刷は複数パターンがあり、印刷事例としては参考になります。

では、実際にみてみましょう。

こんな感じです。

多くの時計も同じですが、メインは時計の下部にワンポイントで印刷するのがメインです。今回も見てもらればわかりますが、学校の校章であったり、文字であったりと、パターンはある程度は同じです

このパターンを、だいたい頭に入れて次の時計をみてみましょう。

 

次は、こちらも定番のフォトフレームと時計タイプ。

こちらも同じように見てみましょう。

見てわかると思いますが、同じようにパターン化された印刷です。

下部に印刷スペースがありますが、こうした場合、1行ではなく2行で対応しているのがわかります

ですから、2行の印刷内容を自前に考えて記念品を制作するという流れです

こういのを文字で書いても、なかなか伝わらないのですが、事例画像だと非常にわかりやすいです。

 

では、最後になります。

こちらも時計とフォトフレームが一体型になったタイプです。

では、見てみましょう。

いかがでしょうか。

時計と言っても大型タイプではなく、机に少し置く程度のデスクトップタイプです。ですから、印刷スペースも、ほぼ同様大きさになっておりますので、比較的にわかりやすいです。

これを元にして、ぜひ、印刷の事例を参考にして、ぜひ、オリジナルの時計制作をお願いします。

2018年6月23日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間