記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→10/16(木)発送

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 未だに見積もり依頼が来る卒業記念品の追い込みについて
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 未だに見積もり依頼が来る卒業記念品の追い込みについて

 

未だに見積もり依頼が来る卒業記念品の追い込みについて


 

今日は2月14日です。

これを書いている日になります。未だに卒業記念品の製作依頼が来ます。

そして、

 

記念品ストアーなら、何の問題もなく納品できる

 

という前提があるため、依頼フォームから来ているのですが、流石に、自動見積もりの金額通りの「お手頃総額」ではなくなります。

つまり、

 

ちょっと高めになるけど、利益にはなるから、卒業記念品の製作が可能です!

 

という事をお伝えします。

 

 

 

利益を出すため高く。それはオーダーメイド対応だから

まず、前提として、自動見積もり対応が出来る「お手頃総額」の時期は過ぎ去りました

 

当店の場合は、コストパフォーマンスをよくするために、一番効率よい協力会社に対応して名入れ印刷などをします。

ですから、それがお客様にとっても、当店にとっても両方が得になるからです

 

しかし、これからの時期の卒業記念品では、この体制は出来ません。

その理由は、もう混んでいるからであり、いいかげんに対応できる時間的な余裕がないからです。

 

そうなると、どうなるのか?

 

それはオーダーメイド対応のみとなります

 

オーダーメイド対応なので、「あたなのためだけに卒業記念品を早く納品できるようにします!」という流れです。

ですから、自動見積もりの総額よりも高くなるのは仕方がないのです。

 

 

 

 

企業の短納期でしごかれたノウハウとスキル

これが可能なのが、当店の本業である企業向けの記念品制作です。

5000個を1週間以内に納品するというミッションも達成するわけですから、卒業記念品ごときは、へっちゃらであります。

 

このため、

「あたなの卒業記念品のだけに対応すれば、ほんの数日で納品が可能」

というのは、不可能ではないのです。

 

このように、短納期納品については、まだまだ、潜在的なスキルがあるため、高いスキルを発動すれば、納品可能な領域となっております。

2019年2月14日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間