記念品ストアー

履歴 TOPへ

記念品の価値観の違い

 resize_20140125

こちらの商品をご覧下さい。

こちらはネットの中で考えた場合の記念品の画像になります。

 運営しているサイトはこちらになります。http://www.ymart.ne.jp/

 

見て頂ければわかると思いますが、クリスタル系の記念品です。

当店のような販促品タイプではほとんど扱わない商品です

 

これには驚きました。よく調べてみると、もっと端的なことがわかります。

それがクリスタルグッズ以外に評価されているのがトロフィーなのです。

販促品はほぼ無いと判断してもいいくらいです。

 

ネットの中で考える記念品とは、1個単位のギフトであり、また、記念品とはどちらかと言えば、法人が使う大量品ではなく、1個個人向けギフトなのです

 

これは当店においては非常に驚きであり、また、衝撃なのです。

 どちらも販売については、同じ傾向なのですが、嗜好性の違いが、ここまで「評価の違い」として

ネットの中で生まれてくれるのなら、これは一大事です。

 

法人向けの販促品用記念品は、どちらかといえば、「専門店用」としてみるべきであり、記念品は街角の小さい「外向け店舗」が販売しているようなものです。

 

このような形から、通販というカテゴリーを見た場合、内容をネットの嗜好性や志向性に近いものにしなければいけないルールがあります。

こうした点などをこれから記念品として展開するのですから、当店としては、しっかりと認識しておくべきことだと思います。

 

2014年1月25日