記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 良い商品を安く販売して、信頼を勝ち取る流れ

 

良い商品を安く販売して、信頼を勝ち取る流れ


 

当店のような零細店舗の場合、中堅のような莫大な広告費がゼロです。

このため、広報活動として気合を入れて、「バリュープレスリリース」という無料の広報活動をしております。

 

変な話、無料なら1日1回プレスリリースを出してもいいわけです。

そこで、マスク販売のノウハウを「調査・報告」という点で、店長目線で公開しました。

そうしたら、今日、日経さんから電話取材がありました。

 

もちろん、単なる日経の電話取材なので、記事になるこはゼロです。

ただし、話している中で印象的であったのが、

 

Q「マスク1枚当たりの仕入れとか教える事が可能ですか」

A「はい、55円です。」

Q「それを1枚いくらで販売しているの?」

A「はい、65円です。」

Q「は?」

という会話。

 

確かに、自分でも安いという感覚なのですが、ちょっとだけ大げさにはいいましたが間違いではないです。65円が70円でもいいですが、その程度ですよね。

そんなにぼろ儲けが出来るのなら、他店も同じように参入してくるので無理なんですよね

 

さて、

ここでの気づきがありました。

 

当店は儲からないけど、お客様は儲かる。理由は簡単。当店が儲けいない分、お客様が儲かる(安く買えた)という事でした

 

これは話をしていて、自分でもわかった。

どうして、当店のような零細店舗に、年商数百億、数千億円の会社の担当者が購入して頂けるのか?

それは、当店が儲かっていないからでした。

 

と言っても、所詮は1人運営の小さい・小さい零細店舗ですからね。

コストも数百万円のコストがかかるのでたいへんですが、大手の数千万円・数億円のコストと比較すれば、全く問題ないわけです。

 

 

2020年4月23日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間