記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

【当店の感染予防対策・働き方改革について、時間変更のご案内】 → 詳細

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 東日本大震災よりも不況なら、それ以上働くのが普通でしょう
このページを印刷する print

 

東日本大震災よりも不況なら、それ以上働くのが普通でしょう


 

今回のコロナ不況。

東日本大震災を経験した店舗としては、9年前から同じ働き方をしていますので、今も、「戦時対応」をしております。つまり、働いているのです。

 

ですが、今回のコロナ不況のユニークさは、感染予防という「大義」のために、全く働かないという不思議さがあります。もちろん、自宅待機という流れも理解しておりますが、記念品ストアーは1人店長なので、自宅であろうと、会社であろうと1人でありますから、結果として会社で仕事をしております。

 

これに比べて多くの中小企業が、時短や自宅待機などで、平気で売上減を加速させているのが不思議です。コロナ不況は、東日本大震災クラスであるなら、それ以上に、しっかりと働き、なおかつ、結果が出るまで耐えて対応しなければなりません。

 

仮に9年前の福島の方を思うと、今のウイルス感染と放射能感染は同一レベルであり、その中でも、もがきながら働いていた事を知っているので、どうしても今の働かい方方針には納得が出来ません。

もちろん、これは店長1人の判断であるが故に、店長が働けばいいのです。

 

ですから、東日本大震災も経験し、コロナ不況も体験し、両方乗り越える事が出来るのであれば、強いネットショップになると思います。

 

さて、

売上減については、普通に半分になると予想します。ですから、本当に必死です。どんなラッキーな売上でも対応しなければいけないのです。今回はたまたま、大手のIT企業が対応してくれたので対応可能となりました。

しかし、こんな運はゼロですから、しっかりと対応しなければいけません。

2020年4月18日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間