記念品ストアー

履歴 TOPへ

こだわりの高額な高級な記念品について

最近、記念品ストアーでは、高額なこだわりの記念品が、ぞくぞく入荷し、販売も順調になっております。

理由としては簡単で、周年記念品の問い合わせが急増し、例えば1周年なら問題ないけど、それが10周年・20周年・30周年・50周年・100周年となると、やはりそれなりの規模の会社が対応するわけであり、そんな中で、当店の記念品ストアーを見る機会があり、相談となります。

こうした時には単なるタオルやボールペンでは駄目であり、しっかりとした高級で高額な記念品が必要となります。今回はそんな形で高級な記念品についてお伝えします。

 

高額な記念品が出てくる理由

この結論としては「商品の優劣を勝負できる場」である点です。例えば、ボールペンも安いものでの競争は、見た目もあまり代わりがありませんが、それが1本500円以上となると、全く違うカテゴリーの商品になりますよね。

例えば、タオルでも100円以下のタオルと比較するのではなく、日本製の宇治タオルとなると、一気に違う商品となります。このような流れから見えるのは、やはり200円以下では大量生産でごまかせるけど、500円以上になると、しっかりとしたコンセプトが必要になるわけです

この違いが、高額な記念品の違いとして、他の記念品の単価の違いまでになるわけです。

 

 

高額な記念品が喜ばれる理由とは

次にどんなに高額な記念品があっても、それを購入する人がいないと意味がありません。その点、先の周年記念品での購入があり、しっかりとした購買層があります。

それでも予算がかなりかかるわけですから、その差がしっかりとしていないといけません。ですから、その最大の理由としては、他の記念品と比較して、明らかに全く違う品質・機能・性能があり、世界で1個しかない記念品としての価値があるわけです。

もちろん、流行品になると、どうしても同じような商品が溢れますが、それでも、その他大勢と比較すると、全く違うカテゴリーとなりますね。

 

 

高級感を出す演出がいい点。化粧箱のマジック

最後になりますが、高級感を出すために、当店を含め記念品業界としては、しっかりとした化粧箱でごまかす という流れがあります。単純な流れですが、とっても効果的でありますので、非常におすすめ度が高いノウハウとなっております。

2017年度分はこうした傾向があり、これからも2018年・2019年と、高級路線の記念品販売は続くと思います。

2017年5月31日