記念品ストアー

履歴 TOPへ

難しい商品の演出について

商品の価値を上げるためには、その商品の「難しさ」をPRしなければいけないとわかりました。
逆に簡単さをPRすると、その価値はすぐに低下すると思います。

・価格は「すぐ下げる」
・納品は「すぐ到着する」
・使い方は「とても簡単」
などは、一見すると、お客様優遇の対応に見えます。

しかし、
これだけECサイトが乱立している状態で、便利さや簡単さをPRすると、

「価値が無いと思う雰囲気」

に直結する危険性があると思います。

 

 
ありがとう(有難う)は、有るの難しいという漢字
お客様から、「ありがとう」と言われるのは、価値を認めてくれたからです。

最近、本当にありがとう!と言われた事が少なくなっております。

「ありがとう」を漢字で表すと、「有難う」です。
漢字の素晴らしい点は、本質を見抜いているため、この言葉通りなら、

ある事が難しい事

となり、誰でも出来る事については、「ありがとう」と言われない!といのがわかります。

 

 
感謝される商品と、感謝されない商品の販売

これからのECサイトは、

・感謝される商品は?
逆に
・感謝されない商品は?
という視点で、商品を選び、ページ作りにしなければいけないと思います。
だから、
感謝される商品の
・傾向
・品質
・お客様の質
などを分析すれば、自ずと、そのECサイトは非常に「感謝」されるサイトにつながると思う。

この部分は、乱立しているサイトの価値向上につながると思います。

2017年10月31日