記念品ストアー

履歴 TOPへ

営業時間案内
  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル日記
  3. 映画「ジオストーム」というB級映画を見ての感想

 

映画「ジオストーム」というB級映画を見ての感想



いつもとおりに、B級映画の感想をお伝えします。

今回は、全く話題がない「ジオストーム」という映画の感想となります。

 

自然災害タイプの映画内容で定番タイプ

災害映画の流れとしては、すでに、隕石が落ちるとか、大きな津波が来るとか、氷河期が訪れるとか、沢山ありますが、今回は、その流れです。

ただし、すでに地球内では、自然災害は「終わってしまい」、テクノロジーの力で、「気象をコントロールする」という新しいコンセプトであります

これはなかなか良い着眼点であり、内容によっては、素晴らしいB級映画の内容になると思ったのですが、果たして、その内容をどんのような感想であったでしょうか。

 

 

アメリカ映画特有の「家族愛」と「奇跡の成功」

B級映画なので、仕方がありませんが、予想通りに、駄目な脚本でありまして、いわゆる家族愛とか、ベタベタの屑内容がメインとであり、いわゆる「悪役」が、また、ダサく、そして、最後の成功の帰還なども、最低ラインであり、ともかく、中身がないという点では、B級映画の王道であります。

まぁ、我慢して2時間見るという点では、眠らないという点については、合格点でありますので、60点程度の内容としてみるのが良いでしょう。

 

 

俳優・映像は1級品である理由

本来、B級映画なら、B級俳優が出ていればいいのですが、今回は全く違います。

主役はなんと、映画の「300」の主役であるジェラルド・バイラーであります。その他、エド・ハリスやアンディ・ガルシアなど、他の映画でも主役級がいますので、凄いわけであります。

更にいえば、映像はすべてハイクオリティなCGであり、本当に凄いわけです。

 

B級感たっぷりの映画に満足

こうした条件から、もともと糞映画だと思ってみた、今回のジオストーム。

予想通り、大好きなB級感が出ており、大満足です。

完全に、時間の無駄・予算の無駄・才能の無駄であります。

ぜひ、多くの人に見てもらい、感想を聞きたいですね。

2018年2月2日

 


 

 

 

 

業界最安値記念品