記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

  • 感染症対策について

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→10/23(木)発送

  1. 記念品ストアー
  2. ストアー日誌
  3. 映画「デッドプール2」を見ての感想

 

映画「デッドプール2」を見ての感想


まともなお笑いの脚本かと期待したのですが、完全に「駄作」へと進んでおりました

前回が非常に評判が良いブラックジョーク映画としては、良い出来上がりでありました。

このため、今回のパート2も、同様に内容自体はブラックジョークで対応して、脚本はしっかりとした映画の中身かと期待しました。

結果としては、見るに値しないゴミ映画になっておりました。

今回はこの感想を書きます。

 

 

観客の知性に合わせた高度なブラックジョーク満載

最大の欠点としては、前回のブラックジョークがわかる感性が鋭い人向けに、内容をグレードアップした点にあります。

つまり、

「このシーン。わかるでしょう」

と、非常にセンスがある笑いを入れながら、どんどん物語が進むからです。

本来、こうした点は、わかる人にわかればいいのですが、あまりにも無残に入れすぎて、見ていて非常に退屈になっている点です。

映画自体の内容があって、少しだけ入れる程度なら、まだ映画の物語としての価値が高まるのですが、面倒になり、あれもこれも入れた結果、糞映画になっており、笑いが笑いになっておりません。

完全に駄目映画となっているのが悲しい限りであります。

 

 

 

無敵過ぎてみていてつまらなくなる不死身の無意味さ

今回、アクションが多数あるのですが、主人公の強さがあまりにも不死身すぎて、凄くつまらないのです。

ほぼ無敵であり、漫画の世界とも言える状態であります。このため、アクションシーンの緊張感がゼロとなりました。

これは映画を製作していればわかるシーンなのですが、完全に見ている側をほったらかしにしており、最低のパターンです。

 

結果として、無駄な戦闘シーンが無駄でしかなく、本来なら、ハラハラ・ドキドキすべき内容が、まったくありません。

最後まで、おちゃらけているのですが、それはあくまでも無敵ではない状態であったなら、少しは物語自体の緊張感があるのですが、それが全くなく糞映画となっております。

 

 

 

アメリカ映画特有の家族愛の無意味さ

ハリウッド映画の駄目さとして、どうしても家族愛がメインとなっておりますが、今回のデットプールは、それほど必要がありません。

しかし、結果として、全体が家族愛となっており、完全に駄目さが目立ちます。

こうした映画では、感動シーンをおちゃらかせていていいですが、日本人相手には、シラジラシイだけです

結果として意味がないわけです。

 

 

こんな感じで今回のデットプール2の映画の感想は、駄目でした。

2018年6月16日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間