記念品ストアー    名入れデザイン

TOPへ

土日祝はお休みしております。営業時間 平日10:30~16:00
◆最短納期◆ 商品のみ→ご入金日から平日2日後に発送 名入れ→11/28(木)発送

  1. 記念品ストアー
  2. ストアー日誌
  3. オーシャンズ8の映画を見ての感想と評価

 

オーシャンズ8の映画を見ての感想と評価


 

先週、オーシャンズ8という泥棒映画をみてきました。

写真のように、ハリウッド女優の有名さん達がズラリと参加した豪華版です。

今回は、この感想をお伝えします。

 

 

 

シナリオがどこまでイケているのかが重要だった

こうした映画の内容は、もちろん、女優さんの演技も重要ですが、クズみたいなシナリオがありますので、どこまイケているのかが重要でした。

結論からすれば、なんとか1時間半は見ても飽きない脚本であります

つまり、これだけでも、ギリギリ映画を見る価値があるわけで、ギャラが高そうな映画でありますが、それなりに評価をしてよいと思います。

 

 

 

主人公のサンドラ・ブロックはやはり格上演技

単なる美人さんであれば、見ごたえはありませんが、やはり、主人公であるが故の存在感と、その迫力的な演技は感服。

日本のアイドルちやほや組の演技とは全く違います。

どこまで、美人であるのかは問題なく、やはり存在感があるかどうかであります。そうした意味では合格点です。

 

また、相棒役のケイト・ブランシェット、敵対役のアン・ハサウェイ、ちょっとコミカルなヘレナボナム=カーターなど、見ていて一流人が沢山いて、その演技も見るだけでも、時間を忘れて見れる映画なのです。

その意味ではオーシャンズ8の「8」は、センスがある内容と言えます。

 

 

 

残念な点はハッピーエンドにした点

最終的に計画は大成功します。しかも、物語の中でのどんでん返しの内容で、素晴らしいですね。

ただ、計画が成功したため、後味が凄く悪く、ハッピーエンドにした結果、非常にB級感がある形になりました。

 

ただ、主人公であるリーダーは、亡き兄を思い、乾杯しているシーンは、それなりに価値がありましたが、それ以外は、作品自体がダメになる結果となり、このポイントは残念でした。

2018年8月31日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間