記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 客扱いを望む人の傾向と対応

 

客扱いを望む人の傾向と対応


 

 

ネットショップでは、忙しい時間があり、作業中の事がけっこうあります。

また、大人数で運営しているショップもあれば、1人運営の所もあり、こうした店長ブログを入力している時間でさえも、仕事中で対応しなければいかず、それに、見積もり・注文・確認・ページ制作など、多くの方が想像する以上の忙しさであります

 

ですから、非常に効率よく仕事をしないと、もともと、パンクしている状態なので、自動化見積もり対応や、電話拒否対応などが一般化します

電話をしている時間があるなら、他の注文を処理したり、新しいページを追加してたり、ともかく、やる仕事が再現がありません。

 

よって、一番迷惑なのが「電話」なんです。

それは、いきなりですから

 

電話が、10時から10時半までとなると、これは楽であり計画的に対応できるのですが、電話はいつくるかわかりませんし、無視することはありません。結果として、忙しい最中になるため、雑になるのも仕方がありません。

 

まして、まだ注文もない人については、時間の無駄であり邪魔であります。

他の待たせているお客様にも迷惑だからです。

ですから、適当に対応し、早く終わらせたいわけです。次の仕事があるからです。

 

代替として、メールフォームからの入力があるので、最低限のサービス内容ですませたいわけです。

 

 

こうした事情は、同じ仕事をしている取引先ならわかるのですが、当然、全く違う人や、暇な組織の会社であると違います。

丁寧に対応しなければいけないと思う人や、それが当たり前だと思う人は、当店の対象として客ではないのです。

あくまでも、利益ベースであり、あくまでも、時間コストベースなのです。

 

この件は何百も伝えていますが、未だに到達していないのが流れになっております。

2018年12月13日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間