記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 記念品ストアーも、お客さんの質を考える時に

 

記念品ストアーも、お客さんの質を考える時に


 

記念品ストアーにて、記念品業界でNO1を目指し頑張っているのですが、ネットのオープン性について、やっぱり、真剣に考えないといけないと思う。

どんなお客様にも、最高のサービスを提供して対応するというのは、大手しか出来ないわけ

本当につくづく思う。

 

この最大の原因は、こちらの記念品ストアーにもあるけど、やっぱり、お客側にもあり、これはこれで困る。

逆に購入しないでほしい!という気すらあります。

 

当店の流れは、「1」を言えば「2」がわかる

・少し頭が切れる

・具体的に仕事が出来る

・無駄なコスト意識がある

・仕事の経験があり、優劣を判断できる

などがあります。

 

逆にこれが全て無い人とは、取引が全く出来ないと考えております

 

コスト意識もなければ、具体的でもなく、無駄な時間コストばかりかかり、売り上げは5000円以下。

そんな状態であれば、他の方の仕事をした方が、何倍もいいわけです。

 

 

企業ベースで見た場合、こうしたコスト計算は、自分の社内で、何度も何度も対応するから、自然と計算高くなるのですが、どうしても社会経験が不足している方と仕事があると、一方的なコスト増だけになりますので、仕事が出来ません。

 

結果として、こうしたコスト計算内(利益の範囲内)で対応するしかないわけです。

2018年12月19日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間