記念品ストアー

TOPへ

コロナ対策について

【当店の感染予防対策・働き方改革について、時間変更のご案内】 → 詳細

  1. 記念品ストアー
  2. オリジナル店長日記2020
  3. 政府が1枚200円のコストをかけて「最大の転売屋」になり助かる
このページを印刷する print

 

政府が1枚200円のコストをかけて「最大の転売屋」になり助かる


 

企業向けのマスク販売をしておりますが、昨日の中身が今日、公開されて驚いております。

菅官房長官が

 

1枚200円で1億枚

 

というコストを公開してもらいました。総額200億円。

 

 

転売禁止の法律を一番やぶった安部政権

プロの販売店からすれば、200億円の予算があり、今のマスク不足を解消するためには、何をすべきか?と言われたら簡単です。

 

不織布マスクの原価は200億円あれば、原価20円と設定できます。つまり

 

10億枚を配布出来る計算です。

 

もし、これを実行していれば、マスク価格は大暴落しました。

今は1枚50円程度で流通しておりますが、1人10枚は配布可能なので、近くのコンビニなどを拠点として、アプリなどで10枚無料でプレゼントするので良いのです。

 

しかし、

わざわざ、1枚20円程度で出来る不織布マスクを、1枚200円のコストで対応。

その差10倍の転売行為

 

 

トイレットペーパー騒動でわかった、「安かろう良かろうで凄く余る」

トイレットペーパー騒動がありましたが、10億枚も供給されれば、今、沈静化しているトイレットパーペーと同じ運命になっていたでしょう。

 

ちょっと待っていれば、供給されるので、熱心にドラックストアーにいかなくても、いつでもあるとなれば、「安かろう!よかろう」となります。

 

全国は無理でも、北海道・東京・大阪・福岡などの限定地区だけで対応すれば、数百万枚のマスクなど、あまりに余っております。それは販売しても余って仕方がないので「必死にマスクを売っている」状況なんですよね。

 

 

大暴落の危険性が去り、なんとか4月もマスクが販売出来る安心さ

もし、今回、安部政権が「過去最大の転売行為」をしなければ、不織布マスクは大暴落し、誰でもいつでも手に入るマスクとなり、100円ショップで買えるようなパターンになりました。

 

しかし、皮肉な事に、能力が著しく低いため、一番効果が高いお金の使い方ではなく、一番まずい使い方をしてくれたおかげで、なんとかマスク販売が4月も出来ます。

 

民間企業同士が競争しており、100円1枚であったのが、今では1枚50円にまで。

半値まで、たった30日でなりました。

 

これに10億枚のマスクが参加したら、1枚50円が25円まで値下がしたでしょう。

安部政権の無能さに感謝するしかない。

2020年4月2日

 


 

 

 

業界最安値記念品

 

 

 

 

 

連絡先と営業時間