記念品ストアー

履歴 TOPへ

みんなに贈る送別会記念品

送別会記念品としても色々なパターンがありますが、一番よくあるパターンとして「自分が引越しや転勤などで離れる際に、今までお世話になった人に向けてプレゼントをするちょっとした記念品」についての説明です。


 

実際に使う年齢としては驚くことに低い年齢は幼稚園生からはじまり大人まで使います。

小さい子では引越しの際にお友達にプレゼント。大人なら退職や転勤などの際に職場の人たちにプレゼントするというパターンです。

意外と使用しない年代は中学・高校・大学・専門学校の学生年代です。

 

送別会記念品は大人のたしなみの一つ。

小さい子が使う記念品は当たり前ですが保護者が用意します。あまり親の介入を受けない中学生以降の学生では親が準備しないので使われないことが多くなっているという事です。

 

ここで送別会記念品の種類が大きく二極化することがわかります。小さな子供(小学生以下)向けと大人向けのどちらかが一般的なジャンルになります。

 

小学生未満の送別会記念品の例

大体、幼稚園・保育園のお友達関係です。親が準備して子供たちに配るパターンになるので本当にささやかな小物で十分です。名入れの必要はありません。実際に友達の名前が入ったプレゼントってもらったことがありますか?無いですよね。
実用性としても文具は使わない年代なので基本捨てられて構わないレベルのものになります。たまにマメな方はアイロンビーズなどで作った小さな小物などをくれることがありますが、こういった簡単な手作り物も良いですよね。

小さなハンカチタオルは手作りメッセージカードを添えてプレゼントできるのでオススメです。
どれも100円以下なので無理のない価格もウレシイポイント!
 定番の記念品。アニマルハンカチタオル
 ワイワイキャラクターハンカチタオル
 衣料風ストライプハンカチタオル
かわいい色鉛筆セット
 

 

小学生の送別会記念

こちらも親が準備します。子供と一緒に考えても良いですがもの誤ことがついてくる年頃でもあり男女間での意識の差も出てくるので鉛筆などの無難な物が良いです。あまり凝ったものだと冷やかされたり粗末に扱われた時に子供が大変悲しい思いをしてしまいますので「どうでもいいようなもの」を贈るのが両者にとって安心で無難でもあります。

この場合でも名入れは不要です。

多色ボールペンやライト付ペンなどは実用的で子供も喜ぶ文具です。
 ミニ4色ボールペン(ネックストラップ付)
 オリジナル色指定対応のホワイトメタリックペン
 

 

大人の送別会記念品

今まで一緒に仕事をしてくれた同僚や、共に過ごした仲間などへ感謝の気持ちを込めて贈ります。大人なので実用的であったり気持ちがこもった物、食べ物など、そのシーンに合ったものなどいろいろと選ぶことができます。この場合も名入れは不要ですが、もともと「ありがとう」の文字が入った雑貨もあるので活用すると良いかもしれません。

営業回りなどで直接手渡しできない人がいる場合は机の上に置いて去ることができるようなアイテムも便利です。
 来場ありがとうのもち米パック
 ハーブのメッセージ入浴剤
 実用性が高い記念品。フラワーギフトタオル
 

2017年7月13日