記念品ストアー

履歴 TOPへ

1歩時代を先取りするスマホグッズ

スマホグッズと言えば、若い世代が中心だとしますが、これほど便利な道具はありませんから、自然と高齢者の世代にもスマホを使うのが一般化しています。アプリなどを使いこなすことはありませんが、それでも電話だけで済むだけではなく、ネットに手軽にして、そこから生活を変えるような道具の使い方になっていると思います。こうした1歩先を行く記念品などは、どうしても若い世代が中心になりますが、これからのスマホグッズは全世代が中心になるでしょう。

 

祝いギフトとしての価値

スマホグッズの中では基本的には低単価のものが多くありますので、祝いの商品として展開するのは少ないと判断しています。このため基本はプレゼント品になりますが、高額なギフトとしての価値ではないでしょう。このため、祝いのギフトとしてスマホグッズを見てみると、携帯充電器やアクセサリーなどがメインとなります。1個あたりは500円以上となりますので、結果からすれば、ある程度の品質の商品になります。

 

贈呈品としてのノベルティ

どうしても贈答品となると、クリスタルタイプの1個10000円以上するものがメインとなりますが、トロフィーやクリスタルはやはり高額すぎて適切ではなく、なおかつ、アナログであり、デジタルグッズとしてもスマホとは全く関係ありません。贈答品としてのスマホグッズを考えると、今までの傾向からいえば、災害対策品としての価値がメインとなると判断しています。

 

 

退職祝いとして

退職祝いなどは本人ではなく、スタッフ向けが多くなります。簡単なタオルなどでもいいですが、法人の場合などは、会社のロゴマーク付などがよいと判断しています。個人本人の場合などは、スマホ関連品よりも、別の商品のほうがよいでしょう。

 

 

卒業などの学校関連

学校で制作するのは写真立てのフォトフレームなどが多いのですが、これは定番品でありますから、人気であるけど興味が薄くなります。そこでスマホに向いた携帯充電器などがよいと思います。何個あっても嬉しいものですし、スマホの率は高いので、実際に何度も使ってくれるために、実用性が高く、得ではない買い物にはなりません。

 

周年事業としての賞

会社であれば、今では全社員が携帯電話を持っているので、スマホグッズ関連は非常に相性がよいでしょう。ただし、すでに持っているものもありますので、定番品ではなく、あげる人と相談して対策したほうがよいでしょう。

2014年7月30日