記念品ストアー

履歴 TOPへ

マグカップの名入れ印刷が難しいのは陶器だからです。その理由について

マグカップの名入れ印刷については、同じ印刷でも全くレベルが違います。

この件について、冬本番を前にご説明させて頂きます。

 

陶器の名入れ印刷が非常に難しいわけ

結果からお伝えすれば、プラスチックと違い、陶器の名入れ印刷については、非常に難しい部分があります。

・商品が平面ではなく丸型タイプ

・素材が陶器なので自然なでこぼこもある

・単にインクを印刷するだけではなく、焼付け作業がある

などです。

こうした部分から、陶器の名入れ=マグカップの名入れ印刷は、非常に難しい部分があります。

 

ですから、難しい部分があるため=名入れ印刷代が高くなる!

といのがあります。

どうして、こんなにも高くなるのかは、こうした手間が非常に通常のタイプと比較してかかるからです。

この点をしっかりと認識して対応すると、マグカップの名入れ印刷のコスト感覚がわかります。

 

 

安く対応するためにはメーカー印刷の名入れ。その内容とは!


マグカップの名入れ印刷は、それなりに高いと思われるのは、仕方がないとわかりましたか!

それでも、やはり、コスパ優先で対応しなければいけないと判断しております

 

こうした流れから、メーカー名入れ印刷をメインとしております。

メーカー名入れ印刷は、

・印刷範囲が限定。名入れ場所も名入れサイズも固定

・実物サンプルはない

・データ入稿のみで完全お任せ

となっており、全く融通がありません。

 

だからこそ、低コストで対応でき、なおかつ、低予算で展開できると判断しております。

結果的に、それほどこだわりがないお客様であれば、オーダーメイド感覚で対応するよりも、コストの部分でも、数量の部分でも、全く違う内容でできる形となっております。

 

こうした部分を上手く活用することが一番大切です。

2017年9月12日