記念品ストアー

履歴 TOPへ

上場20周年記念の幸楽苑。半額セールなどでハッとした件


周年記念となると、どうしても「創立」や「創業」がメインとなります。

しかし、こうした流れとは違い、企業のシーンでは、開店や上場などのイベントがあり、その周年をメインとした「イベント」が多数あるのに気付きました。

多くのは、このイベントによって「集客」をメインとした流れがあり、増販効果を狙っております。先の幸楽苑も、半額セールを行い、再来店をメインとしたイベント案です。

こうした流れがあり、当店しても、周年記念の見方を少し訂正したほうがいいかなぁと思いました。

 

 

上場記念イベントをもっと増やそう

これをみた時。

「ああ!そうだ上場記念という節目のイベントもあるなぁ」

とハッキリとわかりました。

こうした事は小さい変化なのですが、どの会社も同じようなパターンで周年記念を依頼されている部分であるなら、当店としては、しっかりと「他と違う視点での提案力」を、しっかりと伝えることが必要だと認識しております。

 

上場記念は、よく考えると、「上場するくらいのレベルの企業」となりますので、当店のような企業向け販売店では、しっかりと対策するに値する価値がある情報だと認識できるわけです。

これからも、こうした「少しの変化」を、しっかりと判断材料として、周年記念の新しい「ジャンル」を、しっかりと開拓していきたいと思います。

2017年9月13日