記念品ストアー

履歴 TOPへ

学校の先生がしっかりとしていればOK。卒業記念品のあるある

卒業記念品のシーズンが到来しました。

こうしたシーズンでは、どうしても質問も多く、結果としてトラブルも多くなります。特に学校側からすれば、あまりビジネスマナーやビジネスノウハウを経験がない先生や教師が多いので、トラブルが増加します

「学校の先生がしっかりとしていれば、けっこうスムーズになる」

というのが流れがあります。今回は、この件についてお伝えします。

 

連絡がない先生や住所がない教師とは

民間企業であれば、確実に「上司から怒られる」というパターンの内容がちらほら。

新入社員であれば許されるレベルなのですが、メールで返信をしたのに連絡がなかったり、届け先の住所を明記しないで、送るように依頼があったりと、「ビジネスが全くできない能力の人」が沢山いるのが教師であります。

 

相手が生徒であり、サービス業という意識がなく、特権意識が高く、競争がないため、こうした間の抜けたタイプが多くなるのはよくあることです。しかし、この程度の「社会的な素養」がないと、卒業記念品の製作では本当に苦労する流れになっており、ちゃんとしてもらいたいです。

 

 

それでも、コミュニケーションをとれば対策してくれるパターンがある

ただし、卒業記念品については、先生はプロではないので仕方がありません

民間企業の営業マンではないため、社会的な一般素養がなくてもOKなのです。ですから、こうした場合については、当店がしっかりとサポートして、しっかりとノウハウを提供して、しっかりとコミュニケーションをとるのが大切だと思います

当たり前の事なんですが、気持ち次第で、けっこう変わるパターンであります。

先ほども、この気持ちで先生と「長話」をしたいのですが、わだかまりを捨てるためには、こうしたコミュニケーションがしっかりとしなければいけないと判断しました。

これから10月になると、卒業記念シーズン。この心持で対応していきたいです。

2017年9月14日