記念品ストアー

履歴 TOPへ

北朝鮮問題で、防災意識が危険意識へと変化


北朝鮮の核弾頭のICBM。大陸間弾道ミサイルのため、冗談でも被害が出れば、戦争になるのは自明です。

現在、北朝鮮外交は、いつも通り「嘘の内容」を宣伝しているのですが、完全な「宣戦布告」状態であり、これがまともな国家なら、大変な事態になっております。

結果として、チャウシェスク政権のように崩壊し、民衆から敵視されている今の政権内部から崩壊します。

しかし、その過程で核弾頭のミサイルが日本に1度でもあれば、アメリカと共同で、北朝鮮への戦争行為となります。

こうした状態で本来なら、防災訓練も必要不可欠なのですが、実際には行動があるのはゼロです。

この件についてお伝えします。

 

 

防災セットでは対策できないけど、対策は最低限に

戦争になれば、防災セットなど全く必要がないと判断しているようですが、本来、防災セットの中身を再度、確かめて対応する「心構え」がけっこう重要度が高いと判断しております

どういう事かといえば、わたしも登山をする経験から、実際に山に行って始めて「足りない事の経験」をして、けっこうあせって大変な思いをした経験があります

これが大切であり、何が足りて・何が必要なのかは、現場にしか答えがないわけです

 

ですから普段から防災訓練をするのは、災害が起きたときに、何度も練習し想定した状態で、何が必要で、どんな行動が際もよいのか判断するためには、最適な訓練となります。

 

 

パニック行動に最新の注意を

いったんテロ事件も踏まえると、さすがにパニック状態になる可能性があります。ですから、自然と防災グッズも在庫がなくなる可能性があり、東日本大震災のような状態になります。

「戦争など起きる可能性はゼロ」

というのは、

「大震災が起きるのはゼロ」

というのと同じ発想であり危険であります。

いまの平和なうちに、揃えることが必要となります。

2017年9月14日