記念品ストアー

履歴 TOPへ

オリジナルお守りのレベル。名入れ印刷から見る現実。サンプル事例

当店のオリジナルお守りのサンプル事例。

今回は、どんなお客様がオリジナルのお守りを展開しているのか、分かりやすく説明するためにも、最近の印刷事例を公開します。

「なんだ!この程度のものなのか!」となると思います。


いかがでしょうか。

驚くかもしれませんが、ほとんど神社様が多いですよね。

ただし、

有名な神社様ではなく、当店のメインであるイベントやキャンペーンで使う機会があるため、「たまたまお守りが必要」という神社様が多いわけです。

当たり前ですが、お守りが必要なのは神社ですからね

 

でも、こうした事例を見れば、内容が神社名ではなく、そのためのイベント名や商品名でもいいわけです。

こうした事例では西陣お守りなどが参考になります。

こちらです。


こちらもお守りですが、もっと印刷タイプなので自由度が高いレベルです。

このように、表現の幅が広がれば、オリジナルグッズとしての価値が増します。

 

まとめ

いかがでしょうか。

少しは参考になったと思います。

お守りというと、どうしても敷居が高くなりますが、しっかりとした記念品としての作り方・伝え方をすれば、世界で1個のオリジナルグッズとなります。ぜひ、このようにうまく活用してみてください。

2017年11月18日