記念品ストアー

TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 記念品ストアーと学校とPTAの関係
  1. 記念品ストアー
  2. 卒業記念品
  3. 記念品ストアーと学校とPTAの関係

 

記念品ストアーと学校とPTAの関係


 

卒業記念品販売で、ちょっとした違和感があります。

その違和感とは、当店を個人通販店と思っている点や、または楽天市場のような店舗だと勘違いしている点です

 

特に楽天市場のユーザー層が、当店の記念品ストアーで買い物すると、楽天の買い物常識が、世の中全ての常識のような価値観で依頼や質問があるため、非常に困る点があります。

 

もともと、卒業記念品を購入する方は、下記になります。

  • 学校
  • 学校の先生
  • PTA
  • 父母
  • 生徒自身

となります。

この中で、当店が年間を通してお付き合いがあるのが、学校であり、学校でも、高等学校や大学などの「大口」がメインとなります。

 

こうした事から、結果的に、今の時期のユーザー層としては、

  • PTA
  • 父母

がメインとなり、まさに個人通販店のような買い方・売り方になるのは、仕方がないと判断しております。

 

特に困る点としては、やはり単価です。

この記念品ストアーに出している単価は、1個を販売するための単価ではなく、数百個をメインとした「卸価格」というのであります

 

これがわからない方が、けっこう多く、

  • 業者向け単価
  • 一般単価
  • 販売単価

となった場合、この中の「業者向け単価」が当店の単価となります

 

ですから、もし、インターネットが無い時代ならば、出会う事が無いわけでありますが、ネットの公開性があり、誰でも見れる環境があり、その中での依頼となり、もともと、当店としては、業者向けとして販売しているのが、結果として、個人向けの一般販売単価となって、理解しているのが、大きな違和感の原因となっております

 

この説明がなかなか、難しく、結果として、この1月・2月は、いつもこの幅で揺れ動いて販売する形がメインとなっております、

2019年1月30日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間