記念品ストアー

TOPへ

  • 感染症対策について

 

◆名入れの最短納期は5/11(火)注文で6/11(火)発送です◆

(名入れをしない場合は入金確認後、平日2日後に発送します)

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. 周年記念の顧客対応と、今後の展開について
  1. 記念品ストアー
  2. 周年記念品名入れ・創立記念品
  3. 周年記念の顧客対応と、今後の展開について

 

周年記念の顧客対応と、今後の展開について


記念品ストアーでは、現在、周年記念・創立記念の仕事を、第一優先として考えております。

今までは、記念品周りの全てのお客様を対象としたサービスを手掛けるように心がけておりましたが、人・モノ・金が足りない零細店舗においては、何かに集中し、しかも、ある程度、儲ける状態でないと、すぐに継続できなくなります。

そんな中、周年記念品関連では、非常に好調であり、この状態を維持・継続することが、記念品ストアーでの生命線となっております。

 

 

特別待遇はしないけど、特別な付加価値をつける

こうした経緯から、周年記念の事業をもっと・もっと対応するように心がけるようにしております。

ただし、人・モノ・金が足りない状況は継続されており、その場合、特別なサービスも限界があり、こうした場合、当店が取るべき道としては、

・他ではない情報を提供をする

・他ではない価値が高いサービスを提供する

・お客様が喜ぶ事を考えて、積極的に行動する

など、当たり前の事を、当たり前のように普段の努力を継続することが、もっとも大切だと思います。

これは言うのは簡単だけど、実行するがとっても難しい部分であり、身近な話題の例としては、ダイエットと類似します。

 

 

1社1担当者の顔を思い浮かべるほど、真剣に関係作りする

当店のお客様も多数あり、1人1人、1社1社大切にしなければいけません。

これも言うのは簡単ですが、実行するのが難しい流れであります。しかし、周年事業などは、しっかりとリスト化・思い出化して、提案が単発で終わらないおように、常に心がけることが必要であります。

それは、単に売り上げが上がるからいいのですななく、お客様の問題解決をしっかりと対策できるようにしたいからです

そうなると、1人1人、1社1社見れるように、常に意識しながら、商品ページを製作したら、提案ページを追加したりしなければいけません。

 

 

有益な情報を常に最新のレポートから

こうした状態であるなら、常に情報は有益な情報を発信し、手にいれなければいけません。

ですから、お客様目線で、必要な情報をしっかりと吟味し、しっかりと伝える事が大切だと認識し、常に努力を怠る事はしないようにしなければいけません。

これからも頑張りますので、応援をお願いします。

2018年6月28日

 


 

 

 

 

連絡先と営業時間