記念品ストアー

履歴 TOPへ

代表的な質問をまとめてみました。2017年度版

色々と質問がありますが、代表的な質問の内容を見て、まとめてみました。

 

完売商品の入荷は?

入荷はありません。購入することができません。他社の情報で完売と出ていたら弊社の取り扱いも完売です。逆に当社で完売の物は余所でもほとんどが完売です。業界全体が同じルートで動いています。

完売商品の多いシーズン限定の商品を季節商品と呼びますが、シーズン後は殆んどのものがリニューアルしますので同じものは手に入りません。

冬限定・夏限定などシーズン限定の商品はそのシーズン中に売り切ってしまい、次のシーズンでリニューアルすることが多いのです。

中には、何年も定番品として同じデザイン・価格で販売しているものもあります。また、在庫が残った場合は次のシーズンに持ち越す場合もあります。ですが、大抵はシーズン中に完売してしまうことが多いです。次のシーズンには新しいデザインのものを発売させるわけです。

一度完売終了してしまったものは、原材料の価格変動などで同じものを作ることが難しくなるようです。そのため、ある程度の枚数で受注生産をご希望いただいても、対応できないことが多くなっています。ですが、販促ツールとしてはやはり安くなければ。
メーカーは毎シーズンがんばってくれています。びっくりするような金額の新商品が出てくることがあります。
しかし、良いものは早いうちに完売してしまいます。
来シーズン、がっかりしないように、どうぞお早めにご確認・ご検討ください。

 

写真と色が違いますけど?

パソコン画面の解像度や設定、撮影技術によって見え方は変わります。しかし、この場合でも返品は出来ません。まず、このような質問については感覚的な部分と、誰が見ても「違う」という点に分かれて判断しています。感覚的な部分については際限なくクレームが出せます。
永遠にクレームがいいたい放題になるため、出来ない仕組みになっています。
消費者保護の観点から言えば、誰が見ても違う色なら、当然、常識として対応しますが、個々の対応だけでは、全くしない傾向になります。

お客様にとっては、このような質問をする場合は、「返品に応じてほしい」という気持ちがあります。ですから、なるべくはそのような方向性で動きますが、個々のレベルでの判断の場合は、全く返品対応など出来ないのが現状だと認識してください。色が微妙な場合もありますので、写真を多数掲載したり動画等を用いて紹介していますのでそのあたりでご判断ください。

 

実物をみることはできるのか?

有料になりますが必要ならサンプルをお渡しします。数が多い場合は、どうしても1度手に持って素材感や大きさを確認したいというのが本来です。ネット通販なので、こうした要望は多いのですが、有料なので少量のご注文の際にはあまり行われません。

問題は100個程度や数万円の購入なら、もともとリスクがかかるような予算ではないので、極力、サンプルの依頼は断ってください。
理由としては、当店がコスト赤字になり、儲からないからです。
逆に数千個など大口の場合は、コストをかけてでも、1度でもいいから、見本を依頼してほしいです。このような矛盾があるため、実物サンプルは非常に難しいです。
傾向としては、上司を説得するために、サンプル依頼をする人が多いです。1人で決められない組織や、1人で判断できないお得意様などは、依頼が多いと思います。逆に、決定権がある人は、それほど気にしない方が多いです。

 

 

どうして動画があるのですか?

商品について誤解が無いように動画を入れています。ネット通販のため、一度も手に取らないで、購入をする場合があります。

ブランケットやバッグのような素材感が大切なものは、いくら経験がある方でも少し不安だと思います。サラサラ感やフワワフ感などの文章表現はとても難しいです。このような素材の持つ良さ・悪さを表現するためには、写真を撮影してのせているだけでは、わかりずらく、結局は大きなミスにつながる可能性もあります。そこで、実物を手で持って撮影したものを、動画でyoutubeで配信しています。

こうしておけば、誤解が無くなり、クレームも少なくなります。ネット通販では、こうした事が意外に重要で、即決して購入される方もいるため、動画を必ずアップするように心がけています。

 

 

このサイトの会社は何屋なのですか?

販売代理店です。製造メーカーではありません。当店は記念品を専門で販売しているため工場やメーカーなどの会社かと勘違いされたりします。
当店は販売代理店になります。しかも、製造工場とは全く無縁であり、輸入商社の販売代理です。

これは工場直営会社だと、自社の工場生産品しか対応できなく販売数が限られてしまいます。これに比べ、当店のような「中間」は、どの記念品アイテムを販売してもOKなのでいろいろな商品が取り扱えます。

このため、お客様から見たら、何の会社かわからない点がありますが、基本は販売代理店です。いいものを安く売り、オリジナルグッズの制作を手助けしています。ネット通販なので、1度も合わないで、電話・FAX・メールなどで済ませていますが、今まで大きなトラブルにはほとんどありませんのでご安心下さい。

2017年4月2日