記念品ストアー

履歴 TOPへ

冬におけるブランケットの記念品の役割6項目

ブランケットの販促品について、プロの目から編集してまとめました。オリジナルの記念品を製作する場合など参考にしてください。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その1

季節にあった提案力が一番の鍵。寒いから売るのではなく、必要だから売る方法へと転換するのが一番のノウハウと言えます。

ブランケットの場合、寒くなると売れるのは当然ですけど、やはり売る事のノウハウとしてはこれだけではダメです。なぜなら、寒くなくなると売れないからです。つまり、何かを付加価値として展開すべきなのです。

ブランケットは必要なものでありますが、必須ではありません。
この違いを記念品として展開できれば有利になります。つまり贈答品のような感覚で、もらった方がうれしがるようなイベントや流れなどを作り、ブランケットを使用してイベントが成功するような流れを作るのです。

これだと、必然的にブランケットの役割が増え、そして、ブランケットを使ってよかったという風に流れを作るので、誰も文句がありません。

こうした良い流れを作る事がノウハウとしてあります。冬のイベントでブランケットを使うノウハウはこんな感じであります。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その2

オリジナルの名前入れが一番のブランケットの醍醐味。当店では高度な名入れ技術を使い、他店では表現できないクオリティを実現。

当店は販促品の記念品を扱うため、単にブランケットの良さをPRするだけではありません。他店ではブランケット自体を売ることがメインですが、当店ではほとんどがお客様がブランケットにプラス名前入れをして展開するのがメインになっています。

当店はこの名前入れのスペシャリストであり、他店にはない短納期や名入れの仕上げノウハウ、オペレーションなど、多岐にわたってのノウハウがあり、それが高い評価と、新規のご注文の依頼の源泉になっています。

当店の名入れは、他店にはない綺麗とクオリティがあり、頼む方も、他店では出来ないため当店に頼むような流れで、販促品の記念品として展開しているのが多いです。

このように当店では、世界で1個しない記念品のノウハウを駆使し、オリジナルグッズとしてのブランケットの役割をメインにしています。だからこそ、評価が高いのです。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その3

すでにあるブランケットをもらっても嬉しくないけど、他の店舗では1度も見たことがない商品であれば嬉しい。専門商社が作る世界で1個のブランケット。

当店のブランケットは、市販では売られていない専門店の卸商品です。ユニクロでもスーパーでも販売していないネットの中では、この商品を売るのに特別な許可をもらった一部の業者が販売する限定特別品なのです。

このような経緯は、すでに売られているブランケットだと、誰ももらっても嬉しくない。なぜなら、必要な時に自分で買えるからです。このような行為をなくするためには、市販で売られていない特別仕様がメインになるため、このような流れになります。

当店では市販では1度も見た事がないブランケットをネット販売しています。
だからこそ、意外ともらっても初めて見るから、ワクワク・ドキドキの新しいブランケットがあって嬉しいのです。しかも、価格が安いので2重に嬉しいのです。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その4

基本は無料であげるため、ブランケットは高額商品になります。だから、単にもらうだけでも、もらった方からすれば高額品がもらえて嬉しい商品。

ブランケットは他の記念品と比較して大きな違いあります。それが安い記念品がないという点です。つまり、1個50円のブランケットはなく、最低でも200円以上の単価になってしまう点です。

この点が実はブランケットがプラス部分で評価されている点です。つまり、200円以上なので高額商品として位置づけられて、もらった方からすれば、1個300円以上の商品を無料でもらった感覚になるからです。

このような流れから、ブランケットの多くがイベントで展開する場合、高額品メインの成約プレゼント品として展開したりしています。
1個300円程度の価値ですから、こういうイベントでは上客にしか配らないからです。
このようにブランケットは、高額記念品として位置があるため、上手く活用すれば、記念品の中で、イベントを上手に展開できる冬のノウハウグッズとなります。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その5

ブランケットは冬におけるブランディング活動の中で、上位を占める記念品となる。それは高額品であるため、上手くすればブランド向上になるからだ。

オリジナルグッズ製作として、名前入れとして展開するのが多いです。そして、こうした付加価値を上げる行為の中で、自らのブランド価値をあげる目的でブランケットのオリジナル品製作を依頼してきます。

ブランケット自体が100円台ではなく200円以上のため、もらう側より、差し上げる企業側が、どのような意図で差し上げるのかがキーですが、やはり、安くないイベント品を少しでも回収するため、個数限定でイベントを組むわけです。

このようにイベント対応品として展開するブランケットは、上手くすればブランド向上につながる道具となるため、企画案段階から意外と真剣に細かくオリジナルグッズ製作のノウハウを磨くようにしています。

冬の中でブランド力をあげるのは大変ですが、ブランケットを使うことで、より幅が広いノウハウと向上につながると思います。

 

 

冬におけるブランケットの記念品の役割その6

名前入れのノウハウは当店のオリジナル技術。だからこそ、そのノウハウを無料で披露して信頼を勝ち取る。ちょっとした事でも他店では出来ない判断が多い。

オリジナルグッズ製作の中で、当店の場合は、オリジナル製作のノウハウをメインに公開しています。名入れのサンプル画像などはそんな一例になります。

こうした情報は、単に無料で見れるのでh、当たり前のような錯覚に思われますが、実はそんなことがなく、極めて珍しい情報として展開しているのです。

これはお客様に、少しでも内容を理解してもうらいのと、特にはじめての方は、何をどうすればいいのかわからないため、このような顧客視点で展開しています。

ノウハウを公開することは、競合店に中身を見られて不利になる場合もあります。しかし、当店ではお客さまが満足して納得してもらえるように公開しています。

見た目は地味ですが、他店ではほとんど出来ないクオリティをメインにして販売しています。

2017年2月16日