記念品ストアー

履歴 TOPへ

傘の販促品や記念品の使い方について

普段から傘は誰でも使いますが、なかなか、企業の販促品、個人様の記念品としては、注目されることがほとんどありません。

これは傘という商品自体が生活品でありながら、必需品ではないからです。このため、もらうと嬉しいのですが、自分から必要もないのに購入することはありません。結果、不思議と、傘を販促品として使うという発想が企業側にないため、あまりメインの記念品カテゴリーではありません。

結果としては、あまり商品自体が少ないのですが、だからといって駄目である理由にはなく、逆に充実しているのです。しかし、それを理解できる側があまりいないため、商品自体はメインにはなりません。

今回は、この傘特有の話をします。

 

 

kodawari1

 

女性向けがメインの商品であり理由

 


 

傘にも種類があります。

・折りたたみ傘

・木傘

・UVカット傘

・自動開閉傘

・耐風傘

・花柄傘

・フリフリ傘

など、けっこう細かくあります。

このため、これだけ細かいカテゴリーがありながら、実際には「傘」というタイプにまとめているため、非常に売りずらいのです。Aさんは耐風傘なのに、Bさんはフリフリ傘が好きという点です。

 

これは仕方がないのですが、結果として、ある程度、絞らないといけないので、結果として非常に難しい部分があります。

ただし、女性のターゲットとして見ると

・UV傘

・花柄

・フリフリ傘

という感じで、一定の枠があり、売りやすくなっています。女性が好きな部分だけがあり、顧客層が一定であれば、けっこう販売できる流れなっています。これはなかなか売りやすい形になるわけで、それなりに評価が高いですね。

 

当店はオリジナル記念品がメインですので、名入れ印刷がメインとなるので、その中で、どうしても女性向けでオリジナル品対応をするのが難しいです。そうなると、どうしてもあまり売れないタイプの部類になり、結果として、あまり力がはいらない形になるわけですよね。

 

 

2016年11月5日