記念品ストアー

履歴 TOPへ

プチタオル系はとうとうマンネリ化へ

最近、積極的にプチタオル・ケーキタオルを販売しておりませんが、感覚として、今までは「ここでしか見つけられない素敵な商品」があって、非常におすすめ度が高いアイテムとして展開してきたのですが、8月になってみると、あちこちあるプチタオルの中のひとつであり、なおかつ、粗品や記念品では、それほど差別化できているように思わなくなりました。

今回はこうした経緯についての見解と、分析などをお伝えします。

 

ケーキタオル類はすでに4年目

ドーナツタオルやパテシエタオルなどは、一番最初に登場した時期からすれば、4年目近くになっております。最初の時期は、どうしても高額な1個1000円近くのケーキタオルが、100円から200円程度で購入できるので、販売しているほうでも、凄く価値が高いものだと認識しておりました。

しかし、4年目になると、珍しいから当たり前・定番化・マンネリ化しているわけであります。結果的に、ドキドキ感・ワクワク感が減少しました。

 

 

耳かき・スポンジと新しいプチギフト類

こうした中、ちょっとびっくりするようなタイプの商品類が、人気の的となっており、具体的にはスポンジや耳かき・爪切りなど、生活用品が非常に好評になっております。

このように新しいアイテム類が登場した結果、凄くバラエティに富んだ商品が沢山でてきたため、ケーキタオル類の商品魅力が低下していると思っています。

ともかく、今までのような販売・見せ方では駄目だと思っております。

2017年8月2日