記念品ストアー

履歴 TOPへ

  1. 記念品ストアー
  2. 記念品ニュース
  3. バッグ向け記念品とは

 

バッグ向け記念品とは


記念品コーナーには、オリジナルマイバッグの製作のための、特別にコーナーがございます。今回はこの点について、どうしてこのコーナーがあるのかと、元々バックとはどうしたん意味があるのかを検証しています。

 

 

トー トバッグとは

元々配布用に使われるバックは、 A 4サイズの資料が入るものから、ショッピングバッグとして使えるものまで多岐にわたります。

イベントやキャンペーンで使うため、主に展示会での資料配布からオープンキャンパス、自治会のイベントで幅広く使われている商品です。

多くのものが柄がなく、無地のタイプが多いために、オリジナルロゴマークを入れて、イベントが終わった後でも販促用品として使えるようにしております。

こうした行為が、記念品コーナーの中で定番品の流れとなっております。

最近ではこうした流れが、エコバッグという流れで基本おおります。コットンの布地などが代表的なものです。

多くの来場者に渡せるように、手頃な価格のものから、肩からかけられる大容量のものまでたくさんあります。店舗やブランド名などを入れて、繰り返し使えるようにオリジナルグッズとして展開しております。

 

 

リュックバッグとは

最新ではバックの中でも、両手が使える物がメインとなっています。なぜなら安全性の問題もあることですが、スマホの操作をしやすいという意味があり、両手で持てるものから、2 way タイプとして、両手が痛いものに対してはもちろんタイプが人気です。

こちらも同じように、素材としては不織布などが多いのですが、オリジナルのアイテムとしてロゴマークを入れて印刷して展開したのが多いです。

 

 

その他、バッグの説明

ノベルティ向けのバックなどは、日常生活や珍しいんで活躍する保温保冷バッグ、紳士用ビジネスバッグや、ファッション向けのバッグなどたくさんあります。こうした用途に対して、豊富な素材、手頃な価格、強度のバランスなど、購入バッグの機能は多岐にわたっております。様々なシーンでお使いできます。

2018年2月16日