記念品ストアー

履歴 TOPへ

注文の際の色わけについての説明

記念品ストアーでは、多くのお客様にご利用頂いていますが、法人ではなく個人様でもインターネットなので購入する機会が多くなっています。そこで、今回は多くの方がわからない点などについて、ご説明します。

 

kodawari2

 

素人でも購入しやすくなるための視点

 


 

質問がある中で、よく勘違いしやすい部分は、なるべく自動化のロボット対応にして、簡単に適切にしています。

最近では、自動見積もり機能を設置して、商品の見積もり依頼を最適化したおかげで、

「どのくらいの金額がかかるのであろうか?」という問い合わせがなくなりました。

このように、当たり前のことが、人・物・金がないとできませんでしたが、今ではITのおかげで、手軽にできるようになっています。

 

そんな中で、もうひとつ、重要な部分として、よくある質問としては、「色本体の取り混ぜ」という表現で、どの色が何個あるのかわからないという指摘をよくいただきました。その改善として、下記のような画像を設置することで、対応しようとしています。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

 

1商品1種類ごとに違うため、膨大な量になりますので、売れ筋品や人気品をピックアップして対応するしかないのですが、もともと、問い合わせがるのは定番品がメインとなりますので、この流れは全く間違いではありません。

また、設置したからといって、全ての人が見るわけでもないので、解決できる部分も限界がありますが、それでも、あると無いとので全然違いますので、こうした部分をもっと適切に増やしていきたいと思います。

2016年11月11日