記念品ストアー

履歴 TOPへ

学校関連の記念品名入れは修行場の件

学校関連の記念品で、名入れ印刷をして、オリジナル記念品として展開する場合、当店としては、これは「一番の修行場」として捉えています。これはどういう点かといえば、お互いに分からない点を向上しながらプラスにできるパートナーとしての価値です。

これを企業ですると、「お前!全くわからない素人やんけ」といわれて、問題が発生しますが、学校の記念品の担当者は、それほどのプロのではないので、大きな問題になることはありません。

今回はどのような点が一番の修行場なのかをお伝えします。

 

 

ノウハウが分からない点を見極める

まず、記念品といっても、凄く商品点数があり、全てを把握しているわけではありません。卒業記念品などで、選んだ商品が過去の商品の場合も多くありますが、中には新商品もあります。

この過程で新商品については、お互いにわからない点などを確認しながら、オリジナル記念品を製作していきます。この点は当店としても非常にラッキーなです

わからない記念品については、もっとわかるためには、誰かに記念品を選択してもらう必要がありますが、卒業記念品なので選ぶ可能性が高く本当に助かります。

 

 

同じ商品でも創意工夫で新しくなる

同じ記念品でも、製作している最中に、オリジナルのノウハウを向上させる点があります。この点も素晴らしいです。

同じ記念品を展開する場合、同じ流れであっても、結果として違う場合などは、創意工夫ができるので、次の担当者へより適切なアドバスができるのです

これについては本当にラッキーであり、記念品製作ではノウハウにつながります。

2017年6月5日